FX会社

【セントラル短資FXの口座開設】11枚の画像で解説【注意点あり】

この記事をオススメしたい人

  • セントラル短資FXで口座開設したい
  • はじめてFX口座を開設する
  • 口座開設する段階でわからないことがある

セントラル短資FXの口座開設は、5分くらいで出来ます。もちろん無料なので、口座開設だけでも済ませておきましょう。

 

この記事では『セントラル短資FXの口座開設方法』を書いていきます。

はじめてFX口座を開設する方であれば、最初は戸惑いますよね。

この記事を読み終えれば、画像付きでわかりやすく解説しているので、安心して口座開設できます。

この記事を読んで口座開設をし、一緒にFXを始めませんか?

5分でカンタン!!無料で口座開設!!

セントラル短資FXの口座開設はこちら>>

 

【セントラル短資FXの口座開設】11枚の画像で解説【注意点あり】

 

セントラル短資FXの口座開設方法を、画像を使って分かりやすく解説していきます。

セントラル短資FX』を右クリックして新しいタブで開き、この記事を読み進めるとやりやすいかと思います。

 

1-1. セントラル短資FXのホームページへ

 

セントラル短資FX』からホームページに移ります。

ホームページへ移ったら、無料口座開設の画面に移りましょう。下の画像参照です。

1-2. 必要関係書類の同意

 

必要関係書類の確認と同意をします。

もちろんですが同意しないことには、口座開設できません

必要確認書類は確認だけしておいて、下へスクロールすればまとめて「はい」を選択できます。

 

このように同意事項が続いていますが、下へスクロールしていくと全て「はい」を選択できます。

一度もFXの口座開設をしたことがない場合は、ちゃんと目を通しておいたほうがいいですよ。

 

確認できたら、「はい」を押して必要事項の記入に移ります。

 

1-3. 必要事項の記入

 

次に必要事項の記入をしていきます。

まずはお決まりの個人情報ですね。

連絡先やメールアドレスも必要になってきます。

家の固定電話がない場合は、「自宅電話」の欄に携帯の電話番号を記載します。

家の固定電話を持っていない方も多いと思いますので、間違えないようにしましょう。

ボクはこれに気がつかず、3分くらい消耗しました…。

 

あとは口座情報も必要ですね。FXで儲けたお金を出金するときに使います。

最後に必要な情報が「投資情報」です。

年収だったり、投資経験を聞かれます。

虚偽の内容を書くのはNGです!事実を書きましょう。

投資経験がないからと、嘘を記入してはダメです。

投資経験がなくて口座開設できないってことはありませんので、本当のことを書きましょう。

ボクは大学生のときに口座開設しましたが、問題なかったです。

 

あと少し迷うかもしれないところで、米国への納税義務を聞かれます。

普通に日本に住んでいれば、米国への納税義務はありませんし、居住地国は「日本のみ」です。

なので、普通に日本に住んでいる場合は下記の対応をすればOKです。

  • 米国への納税義務→いいえ
  • 税務上の居住地国の特定→日本のみ

 

ここまで入力して次の画面に進むと、申し込み完了になります。

入力したメールアドレス宛に「口座開設申込受領のお知らせ」が届いているか確認してみてください。

もしメールが届かないようでしたら、カスタマーデスクまで問い合わせてみましょう。

お問い合わせ番号は、「0120-30-8806」で午前8:00〜午後17:00まで受け付けています。

 

【セントラル短資FXの口座開設】申し込み完了後に本人確認書類を送る

 

申し込み完了したら、本人確認書類の提出が必要です。

「口座開設申込受領のお知らせ」で提出を求められます。

 

本人確認書類で必要なのは、下記のうち1点です。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. 日本国パスポート
  4. 住民基本台帳カード
  5. 在留カードまたは特別永住者証明書
  6. 住民票の写し(発行から6ヶ月以内のもの)
  7. 印鑑登録証明書

どれか1点のみで良くて、この時点ではマイナンバー不要です

マイナンバーは、口座開設が完了した場合に必要になってきます。

 

提出方法は3つあって、下記の通りです。

  • メールで送る(おすすめ)
  • FAXで送る
  • 郵送で送る

提出方法はメールが良いでしょう。

 

ボクはこんな感じでメールしました。

件名 : 本人確認書類の添付(〇〇←名前)

〜本文〜

口座開設の際に必要になる、本人確認書類を添付いたします。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

ファイルの添付 : 〇〇.png

 

こんな感じですね。

ファイルの添付に使う写真は、携帯で撮った写真を貼り付ければOKですよ。

 

ここまで完了したら、次にカスタマーセンターから「為替取引におけるリスクの確認について」というメールが届きますので、少し待機です。

金曜日の夜に申し込みすると、翌営業日なので月曜の朝に届きますよ。

 

【セントラル短資FXの申し込み】本人確認書類を送った後、リスク確認の電話をする

 

本人確認書類まで送れると、「為替取引におけるリスク確認について」というメールが届きます。

若干メールが多いなと思いつつ、あともう少しなので頑張りましょう。

 

メールが届くと口座開設の審査のために、電話で為替取引におけるリスク確認をお願いされます

ボクは電話が嫌いなので、ぶっちゃけめんどかったですが、メキシコペソのために頑張りました。

 

電話で確認といっても、何か言わされるわけではないです。

「余力資金で取引しますか?」とか、「ロスカットされる可能性があることを理解していますか?」といった質問です。

3回くらい「はい」と答えたら終了しました。

 

なので、めんどいと思いつつサクッと電話を済ませてしまいましょう

ここまで申込手続きができると、「口座開設についてのお知らせ」が届きます。

 

これで手続き完了です!お疲れ様でした♪( ´▽`)

IDやパスワードは郵送にて送られてくるので、もう少し待ちましょう。

 

おそらくメキシコペソ目的で口座開設する人が多いと思いますので、待っている間に下記の記事をどうぞ!

【メキシコペソスワップポイント投資】初心者でも失敗しない完全マップ この記事を順に読み進めれば、メキシコペソスワップ投資に必要な知識や、始め方が分かるようになっています! この記事は、『...

順に読み進めるだけでメキシコペソのスワップ投資ができるようになっています。

 

【セントラル短資FX】おすすめの使い方

 

セントラル短資FXのおすすめの使い方を紹介していきます。

ボクのおすすめの使い方は、下記の通りです。

  1. メキシコペソのスワップ投資を1〜2年間だけやってみる
  2. メキシコペソのスイングトレード

 

メキシコペソのスワップ投資を1〜2年間だけやってみる

 

セントラル短資FXのおすすめの使い方は、メキシコペソのスワップ投資を1〜2年間だけやってみることです。

 

投資期間によっておすすめする口座が変わってくる理由は、「未決済ポジションのスワップポイントに税金がかかるかどうか」です。

 

セントラル短資FX : 未決済ポジションのスワップポイントに税金がかかる

LIGHT FX : 未決済ポジションのスワップポイントに税金がかからない

 

セントラル短資FXだと、決済していなくてもスワップポイントに税金がかかってきます。

メキシコペソのスワップポイントは、セントラル短資FXの方が高いのは確かですが、税金がかかるため若干不利です。

 

実際にセントラル短資FXLIGHT FXでシミュレーションをしてみましたが、3年以上保持する場合だと、LIGHT FXの方がおすすめです。

参考記事 >> メキシコペソのスワップポイントをシミュレーション(準備中)

 

でも、1〜2年以内の運用であればセントラル短資FXの方がお得です。

少しFXに挑戦してみたい程度であれば、セントラル短資FXで口座開設で間違えありません。

と言いつつ、LIGHT FXはアプリの使い勝手が最高なので、口座開設だけするのもアリです。口座開設だけなら無料です。

 

メキシコペソのスイングトレード

 

もう1つのおすすめは、スイングトレードに使うことです。

どちらにしても決済をするのであれば、スワップポイントの高いセントラル短資FXの方が良いに決まっています。

 

ボクも近日スイングトレードをやっていきます。現在調整中です。

 

セントラル短資FXでスイングトレードしつつ、LIGHT FXで放置しながらスワップポイントを貯めるのが良いですね。

って考えると、やっぱりLIGHT FXは開設しておいて間違えなさそうです。

スイングトレードについては、投資ルール等も近日ブログにて公開していきます。

 

という感じで、セントラル短資FXはメキシコペソに特化したFX口座になっています。

メキシコペソのスワップポイントランキングでも1位ですね。

【比較】メキシコペソのスワップポイント推移とランキング【毎週更新】 メキシコペソのスワップポイントランキング4月分は、セントラル短資FXが1位でした。ただ、おすすめのFX口座はみんなのFXとL...

 

メキシコペソに少しでも興味ある場合には、間違えない口座になっていますよ。

おすすめの使い方も分かったところで、早速セントラル短資FXで口座開設しませんか?