つみたてNISA

【評価】eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)ってどうなの?【つみたてNISA】

この記事をオススメしたい人

  • つみたてNISAでファンド選びに困っている
  • eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)が気になる
  • eMAXIS Slimシリーズが気になる

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、「バランス型でリバランスが面倒な20〜30代におすすめなファンド」です。

 

この記事では『eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の評価』について書いていきます。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)はどうなのか?気になりますよね。

この記事を読み終えれば、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)がどんなファンドか分かり、安心してつみたてNISAを始めることができます

 

1. eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の特徴

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の特徴を紹介していきます。

 

1-1. 【eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)】基本情報

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、バランス型のインデックスファンドです。

下記に表にして、簡単な特徴をまとめてみました。

種類とベンチマーク インデックスファンド・バランス型
コスト(信託報酬) 0.15336%
純資産総額 9.86億円
トータルリターン  -0.37%(1年間)
設定日 2018/04/03

上記の通りです。

 

投資先の比率はこんな感じになっています。

  • 国内株式 : 33.3%
  • 先進国株式 : 33.3%
  • 新興国株式 : 33.3%

上記の3資産に投資していますね。

債券抜きの株式のみでの投資になります。

 

また、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、2018年4月から取り扱い開始していて、経過年数が1年ほどの新しいファンドになります。

 

1-2. 【eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)】コスト

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)のコスト(信託報酬)は、0.15336%です。

バランス型のインデックスファンドだと、だいたいコストが高いのですが、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)だとかなり良心的です。

そもそもeMAXIS Slimシリーズのコストが良心的すぎますね。

 

3資産型のバランスファンドは、他に「ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)」しかありません。

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)は、コストが0.34992%なので、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)より少し割高です。

 

 

1-3. 【eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)】運用実績

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)のトータルリターンは、-0.37%です。(過去1年間)

トータルリターンは、コストを引いた後の運用実績です!

 

下の画像が基準価格の推移になります。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の取り扱い開始から、基準価格が若干下がっています。

なので直近のトータルリターンがマイナスになっていますね。

 

なので投資時期によって差はありますが、過去1年間投資していた場合ですと、基本的にはマイナスになる確率が高いです。

 

2. eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の評価

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の評価を紹介していきます。

先に結論だけ言うと、下記の通りです。

  1. プラス : コストが低い
  2. マイナス : 純資産総額が少ない
  3. マイナス : 日本株式が多い

 

2-1 : コストが低い

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、コストが低いファンドであると言えます。

バランス型のファンドだと、コストが高くなってしまうのがデメリットになるのですが、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)はかなりコストが低いです。

再掲 : 

  • ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式) : 0.34992%
  • eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型) : 0.15336%

 

将来の投資成績は自分で選ぶことができないですが、コストは自分でコントロールできます。

ファンドを選ぶときは、コストが低いことが大事です。

 

2-2. 純資産総額が少ない

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、純資産総額が9.86億円で少ないと言えます。

純資産総額が低いと、繰越償還のリスクが高まります。

繰越償還は、途中でファンドの取り扱いが停止することです!

なので、十分な純資産総額を確保することが大切です。

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、純資産総額が十分とは言えません。

 

2-3. 日本株式が多い

 

少しデメリットかなと思ったのが、日本株式への投資が多いです。

3資産型なので「国内」「先進国」「新興国」を均等にするのは当たり前なのですが、それでも国内の比率が高いかなと。

国内株式がこれから伸び続けるなら良いのですが、そこまで明るい未来はないと考えています。

日本企業とGAFAだったら、どちらの方が今後伸び続けそうでしょうか?

おそらくGAFAの方が伸び続けそうなので、先進国や新興国に投資した方が良さそうです。

 

3. eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)はこんな人におすすめ!

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、自分でアセットアロケーションの調節をするのが面倒」って方におすすめできます。

なぜなら、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)であれば「国内」「先進国」「新興国」の比率を33.3%で保ってくれるからです。

 

つまり自分でリバランスをとる必要がありません。

構成比が株式のみなので、これから投資を始めるような20〜30代で、リバランスが面倒な人におすすめできます。

 

4. eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)【まとめ】

 

ここまでをまとめると、「バランス型にしてはコストが低く、株式のみの3資産なので、リバランスが面倒な20〜30代におすすめ」と言うことになります。

 

ちなみにeMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)はオススメのファンドではありますが、取り扱っている証券会社がネット証券くらいです。

 

おそらく楽天証券かSBI証券で取引することになりますが、ボクのおすすめは楽天証券です。

【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較【結論は楽天です】 つみたてNISAの口座開設するなら、SBI証券よりも楽天証券がおすすめです。10項目で徹底的に比較していきます。 ...

 

100円で1ポイントゲットできるので、すぐにポイントが貯まるし、使い道も豊富にあります。

実は貯まったポイントはつみたてNISAの投資資金にすることも出来るので、自分のお金を減らさずに投資できます。

そんな裏ワザもできるので、楽天証券がおすすめですね。

 

どうせ同じ投資をするのであれば、おトクに投資していきましょう!

 

おすすめ記事1 >> 【2019年】つみたてNISAの平均利回り【高成績の銘柄も紹介】

おすすめ記事2 >>つみたてNISAでひふみプラス【特徴から人気の理由まで徹底解説】