ファンド

【評価】eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)ってどうなの?

この記事をオススメしたい人

  • つみたてNISAでファンド選びに困っている
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)が気になる
  • eMAXIS Slimシリーズが気になる

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、「MSCI ACWI Indexをベンチマークにしているファンドに投資したい方におすすめなファンド」です。

 

この記事では『eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の評価』について書いていきます。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はどうなのか?気になりますよね。

この記事を読み終えれば、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)がどんなファンドか分かり、安心してつみたてNISAを始めることができます

 

1. eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の特徴

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の特徴を紹介していきます。

 

1-1. 【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)】基本情報

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、MSCI ACWI Indexをベンチマークにしたインデックスファンドです。

下記に表にして、簡単な特徴をまとめてみました。

種類とベンチマーク インデックスファンド・MSCI ACWI Index
コスト(信託報酬) 0.15336%
純資産総額 31.52億円
トータルリターン  12.24%(設定以来)
設定日 2018/10/31

上記の通りです。

 

MSCI ACWI Indexは、先進国23ヶ国と新興国24ヶ国の株式指数で、大〜中型の約2,500社を対象にしています。

ちなみにMSCI ACWI Indexは、世界の株式市場を85%カバーしています。

 

 

また、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、2018年10月から取り扱い開始していて、経過年数が半年ほどの新しいファンドになります。

 

1-2. 【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)】コスト

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)のコスト(信託報酬)は、0.15336%です。

他のMSCI ACWI Indexを投資対象にしているファンドと比較してみます。

  • 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド : 0.27%
  • 野村つみたて外国株投信 : 0.2052%

上記の通りですね。

 

他のMSCI ACWI Indexをベンチマークにしているファンドより、コストが低いことが分かります。

そもそもeMAXIS Slimシリーズのコストが良心的すぎますね。

コスト面で考えると、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は間違えないと言えます。

 

1-3. 【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)】運用実績

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)のトータルリターンは、12.24%です。(設定以来)

トータルリターンは、コストを引いた後の運用実績です!

 

下の画像が基準価格の推移になります。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の取り扱い開始から、基準価格が約400円上がっています。

 

2019年のアップルショック以来、基準価格が伸び続けているので、いまファンドを持っている人は、基本的にプラスのはずです。

 

2. eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の評価

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の評価を紹介していきます。

先に結論だけ言うと、下記の通りです。

  1. プラス : コストが低い
  2. プラス : 難しいことを考えずに世界に投資できる
  3. 注意 : 先進国株式が多い

 

2-1 : コストが低い

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、コストが低いファンドであると言えます。

 

もう一度、MSCI ACWI Indexをベンチマークにしているファンドをひっかうしてみます。

  • 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド : 0.27%
  • 野村つみたて外国株投信 : 0.2057
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) : 0.15336%

上記のように、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はコストが低いです。

ちなみに、MSCI ACWI Indexをベンチマークにしているファンドでコストが最安でもあります。

 

将来の投資成績は自分で選ぶことができないですが、コストは自分でコントロールできます。

ファンドを選ぶときは、コストが低いことが大事です。

 

2-2. 難しいことを考えずに世界に投資できる

 

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、難しいことを考えずに、これ一本で世界に投資できます。

なぜなら、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は世界の株式時価総額の85%をカバーしているからです。

 

いろんなファンドを組み合わせて投資するのが面倒な方は、非常におすすめできるファンドです。

 

2-3. 先進国株式が多い

 

少し気になったのが、先進国株式への投資が多いです。

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)では、先進国23ヶ国と新興国24ヶ国に投資しているのですが、ほとんどがアメリカです。

アメリカ経済が最高なので、仕方ないと言えば仕方ないです。

 

ただ、ここまでアメリカ株が多いのなら、「最初からアメリカだけ投資すれば良いのでは?」と思ってしまいます。

GAFAを中心としたアメリカの企業に投資しておけば間違えないかもですが、将来何があるのか分かりません。

「全世界株式」ファンドであれば、アメリカの比率を落としても良いのかなと感じました。

 

3. eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はこんな人におすすめ!

 

eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)は、MSCI ACWI Index をベンチマークにしたファンドに投資したい」って方におすすめできます。

もしくは世界株式に投資したいけど、ファンドを選ぶのが面倒って方にも良いですね。

世界時価総額で計算されているので、アメリカの比率がどうしても多くなりますが、アメリカは最強なのでそこまで心配いらないです。

 

4. eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)【まとめ】

 

ここまでをまとめると、「MSCI ACWI Indexや世界株式に投資したいけど、選ぶのが面倒な方におすすめのファンド」と言うことになります。

 

ちなみにeMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)は、おすすめのファンドではありますが、取り扱っている証券会社がネット証券くらいです。

 

おそらく楽天証券かSBI証券で取引することになりますが、ボクのおすすめは楽天証券です。

【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較【結論は楽天です】 つみたてNISAの口座開設するなら、SBI証券よりも楽天証券がおすすめです。10項目で徹底的に比較していきます。 ...

 

100円で1ポイントゲットできるので、すぐにポイントが貯まるし、使い道も豊富にあります。

実は貯まったポイントはつみたてNISAの投資資金にすることも出来るので、自分のお金を減らさずに投資できます。

そんな裏ワザもできるので、楽天証券がおすすめですね。

 

どうせ同じ投資をするのであれば、おトクに投資していきましょう!

 

おすすめ記事1 >> 【2019年】つみたてNISAの平均利回り【高成績の銘柄も紹介】

おすすめ記事2 >>つみたてNISAでひふみプラス【特徴から人気の理由まで徹底解説】