FX

【外貨預金とFXの違いは9つ】投資で損しないように徹底解説。

この記事をオススメしたい人

  • 外貨預金とFXの違いが知りたい人
  • 外貨投資に興味ある人
  • 外貨投資を始めたいけど損したくない人

外貨預金とFXの違いは9つ。「自分のお金を増やす投資」をするならFXで間違えないです。

 

この記事では、『外貨預金とFXの違い』を書いていきます。

 

外貨預金とFXって、結局どっちが良いのか分かりづらいですよね。

 

なので、外貨投資とFXの違いを網羅できるように、9つに分けて徹底解説していきます。

 

この記事を読み終えれば、外貨預金とFXの違いがちゃんと分かるようになり、損しない外貨投資を始めることができます。

 

 

【外貨預金とFXの違いは9つ】投資で損しないように徹底解説。

 

外貨預金とFXの違いは、細かいところも含めて9つあります。

 

1. FXは建玉を保持するけど、外貨預金は外貨を所持

 

1つ目の違いは、FXは「建玉」を保持するのに対し、外貨預金は「外貨」を保持する点です。

建玉(たてぎょく)

建玉はポジションのことです。ざっくりいうと、外貨を持つ権利を得ているイメージです

 

外貨預金は直接「日本円」を「外貨」に交換しています。これは海外旅行のときの両替と変わらないです。

 

それに対して、FXでは建玉を保持します。というのも、取引方法が違うんです。

  • 外貨預金→現物取引
  • FX→信用取引

 

FXでやっていることは、預けた日本円(証拠金)を元に、外貨取引をおこなっています。

 

つまり、直接外貨を買っていません。なので外貨を持っているわけではないんです

 

イメージでいうと、ゲームをやっているけど、ゲームの中のお金はゲットできない感じです。

 

ポケモンだと、そこらへんのトレーナーに勝てばお金がもらえるので、結構お金持ちになれます。

 

でも、それは自分の手元にはこないですよね。それと同じで、FXでは、外貨を直接手に入れることはできません

 

2. FXはレバレッジをかけられるけど、外貨預金はかけられない

 

2つ目の違いは、FXはレバレッジをかけられるのに対し、外貨預金はかけられないです。

 

これは、取引方法が違うからで、外貨預金は「現物=外貨」で取引しています。

 

でも、FXは信用取引なので、証拠金を担保にすれば、自分が預けているお金以上に取引ができます

 

レバレッジをかければ、投資の効率をあげることができます。

 

まーくん
まーくん
レバレッジをかけすぎると、損したときの金額が大きくなるから、かけすぎ注意だよ!

寿司に醤油をかけるときも、かけすぎに注意してるよね!

 

レバレッジがよく分からない方は、下の記事を参考にしてみてください。

「レバレッジを分かりやすく解説」を見てもよく分からない方へ徹底解説。 「レバレッジはテコの原理です。」 そんなこと言われてもレバレッジがなんなのかイマイチ分からない。 このような...

 

3.FXは手数料(スプレッド)が低いけど、外貨預金は手数料が高い

 

3つ目の違いは、FXは手数料(スプレッド)が低いのに対し、外貨預金は手数料が高いです。

 

たとえば、米ドルを買う場合で見てみましょう。
(FXはトレイダーズ証券、外貨預金は楽天銀行。)

 

1米ドルあたりの手数料は、FXだと0.3銭です。それに対して、外貨預金の場合だと「預入に25銭です。

 

なので、外貨預金の方が、1米ドルあたり約83倍手数料がかかってきます。

 

外貨預金は現物を扱っていて、取り扱い手数料だったり、人件費がかかってきます。

 

なので、その分手数料は高いです。FXだと外貨を実際に持っているわけではないので、手数料も安くなってきます

 

4.FXは「売り」からも取引できるけど、外貨預金は買いのみ

 

4つ目の違いは、FXは「売り」からも取引できるのに対し、外貨預金は買うことしかできません。

 

厳密にいうと、外貨預金は日本円を外貨に変えることしかできません。

 

でも、FXなら外貨を日本円に変える(売りのポジションを持つ)ことができます

 

なので、米ドルが上がりそうだと思ったら買えば良いし、下がりそうだと思ったら売ることができます。

 

FXの場合、いつでも投資することができるんです。

まーくん
まーくん
でも、FXで「売る」ことは考えなくて良いよ!

 

というのも、「外貨預金とFXの違い」を調べるということは、FXのスワップポイント投資と比較したくて調べているはず…。

スワップポイント投資

スワップポイント(金利差収入)を狙った投資のこと。低い金利の通貨で、高金利通貨を買うことで金利差収入を得る。

 

なので、外貨預金と検討している方は、「売る」ことは考えなくてOKです。

 

5. FXはスワップを払う場合があるけど、外貨預金は金利を払うことはない

 

5つ目の違いは、FXはスワップポイントを支払う可能性があるのに対し、外貨預金は金利を払うことがない点です。

 

FXでスワップポイントを支払う可能性が出てくるのは、高い金利の通貨で低金利通貨を購入するときです

 

大きいものを小さいものにしているので、その分マイナスになってきます。

 

これはつまり、先ほどの「売る」のことです。でも、先ほどの書いたように、「売る」というアクションを取らなければ問題ないです

 

なので、金利の変化に注意しておけば、スワップポイントを払うことは基本的にないです。

 

6. FXは24時間自由に取引できるけど、外貨(定期)預金は満期以外の解約時ペナルティ

 

6つ目の違いは、FXは24時間自由に取引できるのに対し、外貨預金は満期以外の解約時にペナルティが発生する点です。

 

FXでは、株式市場のように夕方で閉まってしまうことがなく、24時間取引ができます。

 

なんなら、FXで盛んに取引が行われるのは夜です。ちょうどNYの市場がオープンするからですね。

 

それに対して、外貨預金を取り扱っているのは銀行です。なので、銀行が開いている時間帯でしか取引できません。

 

また、「外貨預金で投資」という場合には、『定期預金』を指すことがほとんどです

普通預金』だと、豪ドルで金利が1%くらいで、あんまりつかないので、投資向きとは言えないです。

この定期預金は、満期を迎える前に契約解除をすると、ペナルティが発生します。

 

まーくん
まーくん
携帯の2年契約みたいなものだね!

 

なので、外貨定期預金だと自由なタイミングで取引することが難しいです。

 

為替損益を狙っている人もいますが、「それだったらFXで24時間取引できた方がよくないですか?」ということになります。

 

7. FXは毎日スワップが発生するけど、外貨預金は定期的に配布

 

7つ目の違いは、FXは毎日スワップポイントがもらえるのに対し、外貨預金は定期的に金利が配布される点です。

 

外貨預金の「定期的」というのは、選ぶ銀行や満期をどれくらいにするかによって変わります。

 

FXだと、好きなタイミングで持っているポジションを決済することができるし、決済時までのスワップも貰えます。

 

外貨預金だと、とにかく満期になるのを待たないといけないため急な出費ができたときなど、突然のトラブルに弱いです

 

FXは「自由度の高い投資」であると言えます。

包み隠さずにお伝えすると、自由度が高いということで、つい調子に乗って取引をしてしまう人もいます

意思が弱い人は、少し注意が必要ですが、FXには自動売買もあるので、感情に流されずに取引することも可能です

 

8. FXは信託保全があるけど、外貨預金はペイオフがない

 

8つ目の違いは、FXは信託保全があるのに対し、外貨預金はペイオフがない点です。

 

ざっくりいうと、FXは預金している会社が倒産しても、お金が返ってきます

 

それに対して、外貨預金は預金している会社が倒産した場合には、お金が返ってきません

 

FX会社のヒロセ通商では、以下のような仕組みでお金を管理しています。

つまり、三井住友銀行に自分たちが預けたお金があります。

なので、FX会社が倒産しても、三井住友銀行にお金があるので、問題ないということです。

 

外貨預金の場合だと、預金保険制度の対象外なので万が一何かあった場合に、いくら預けていようが、1円も戻ってくることはありません

 

 

9. FXは税金が分離課税だけど、外貨預金は総合課税

 

9つ目の違いは、FXは分離課税なのに対し、外貨預金は総合課税の点です。

 

まーくん
まーくん
1番最後に持ってきたけど、1番大事かもしれないよ!

 

FXだと、スワップポイントと為替損益ともに「分離課税」です。

分離課税

給料等の所得と分離して税金を計算。税率は20.315%

 

外貨預金の「利息」も、税率20.315%です。でも、為替損益については雑所得扱いになるので、「総合課税」になってきます

総合課税

給料等の所得と合わせて税金を計算。所得に応じて税率は違う

 

なので、FXの時よりも税金が高くなる場合もあるし、低くなる場合もあります

所得に応じた税率は、下の表に載せておきます。(国税庁より)

課税所得 税率
195万円以下 5%
195万円超330万円以下 10%
330万円超695万円以下 20%
695万円超900万円以下 23%
900万円超1800万円以下 33%
1800万円超4000万円以下 40%
4000万円超 45%

 

FXよりも為替損益に対する税金が、場合によっては高くなりますし、低くもなります。

 

日本人の平均年収で考えると、税率20%が多いですが、投資を考えている人は23%の人も多いと思います。

 

せっかく投資したお金が税金で持っていかれるのは悲しいので、できるだけ税金がかからない方を選びましょう。

 

【結論】投資するなら外貨預金よりもFXです。

 

ここまで外貨預金とFXの違いを徹底解説していきました。

 

じゃあ、結局どちらで投資した方が良いのかというと、FXだと言えます

 

外貨預金よりもFXで投資するべき理由 : 手数料が高すぎる

 

なぜ外貨預金よりもFXが良いのかというと、手数料が高すぎるからです

 

先ほど見た米ドルで比較してみましょう。

1米ドルあたり…

  • FX : 0.3銭(=0.003円)
  • 外貨預金 : 25銭(=0.25円)

 

1ドルだとそこまでインパクトないですが、1万ドル購入すると、

  • FX : 30円
  • 外貨預金 : 2,500円

 

ここまでくるとイメージ湧いてきますかね!外貨預金は手数料が高すぎるんです。

 

しかもこれは「購入のとき」です。外貨預金だと、払い戻しでさらに2,500円かかるので1万ドルの所持から決済までで手数料が5,000円です!

 

実は、しっかり計算してみると、外貨預金で得するのは「銀行」です。

 

【外貨預金はおすすめしない】計算したら損した件【外貨ならFXで】 外貨預金は、ほとんどが手数料の高さで損します。外貨預金を検討している方には、おすすめしないです。 この記事では『外...

 

「自分のお金を増やす投資」ならFXを使うので間違えないです。(銀行のお金を増やす場合は外貨預金です。)

 

FXでおすすめの投資方法は?

 

外貨預金よりもFXなのはわかったけど、何に投資したら良いのか分からないという方が多いのではないでしょうか。

 

方法としておすすめなのは、「自動売買」か「スワップポイント投資」です。

 

どちらとも共通しているのが、

 

  1. 口座開設する
  2. 自動売買は設定・スワップ投資は通貨の購入
  3. あとは放置でOK

 

なので、ラクに投資できるのがポイントです

 

自動売買のFXなら、トライオートFXがおすすめです。なぜなら、自分でカスタムすることなく、設定を選べば良いからです

 

ほんとかよ!と思った方は、「トライオートFXの運用実績」をのぞいてみてください。自腹切って検証しています。

 

スワップ投資なら、メキシコペソに投資するのがおすすめです。理由は3つくらいあるので、詳しくは下の記事をご覧ください。

 

【スワップポイント投資】初心者がメキシコペソを選ぶべき3つの理由 メキシコペソは、高金利通貨の中ではリスクが低く、安価で始めることができて、楽しく投資できます。 この記事では、『ス...

 

また、メキシコペソに関しては、口座選びも重要になってきます。

 

まーくん
まーくん
じゃあ難しいのかな…。

 

そんな抵抗感を持っている方が、投資で失敗しないように「初心者のための完全マップ」を用意しました。

 

この通りに読み進めていけば、メキシコペソでスワップ投資できるようになっています。

 

【メキシコペソスワップポイント投資】初心者でも失敗しない完全マップ この記事を順に読み進めれば、メキシコペソスワップ投資に必要な知識や、始め方が分かるようになっています! この記事は、『...

 

ちなみにメキシコペソに投資する場合、外貨預金よりもFXの方が年利が高いですよ!

 

まーくん
まーくん
さっそく投資を始めてみよう!