メキシコペソ

【ループイフダン】メキシコペソの25銭幅が追加!【実用性を考察】

 

あまり触れられていない気がしますが、地味に高金利通貨のループイフダンに「25銭幅」が追加されました。

上記のツイートについて深掘りしていきます。

 

高金利通貨のループイフダンに25銭幅が追加!メキシコペソはどう?

 

高金利通貨の25銭幅がループイフダンに追加されたので、メキシコペソについて考察です(`・ω・´)!

 

今までのループイフダンは50銭幅からの取り扱い

 

今までのループイフダンだと、50銭幅からの取り扱いでした。

50銭幅というと、メキシコペソであれば、5.70円から6.2円といった感じです。

 

すでにメキシコペソで投資をしている方なら分かると思いますが、ペソはそんな大きな値動きはしません(^◇^;)

参考程度に野村證券で出しているメキシコペソのアウトルックを見ると、今年の予想レンジは5.2円〜5.9円です。

参考記事 >> マーケットアウトルック – メキシコペソ –

こっそり予想レンジが5.2円〜6.0円に変更されていました。

 

1年を通して0.7円〜0.8円(70銭〜80銭)しか動かない予想なので、50銭幅で利確を狙うのはなかなか厳しかったです(^◇^;)

 

【ループイフダン】メキシコペソで25銭幅はどうなの?

 

そして今回追加された25銭幅のループイフダンですが、こちらも微妙だと考えています。

なぜなら、25銭幅だと利確回数が少ないからですね。

ちゃんと計算していないですが、メキシコペソの値動きは、2週間で7銭〜8銭程度です。

参考記事 >> メキシコペソ円(FX)の値動きはどれくらい?【スイングトレード】

 

月数回程度の決済であれば、自動売買を使う必要はなくて、自分で取引すればOKです。

自動売買は放置できるメリットがありますが、その分コスト(スプレッド)がかかります。

 

数回の取引のためにコストを多く払うのはバカバカしいので、「自分で取引しよう」っていうのが結論です(`・ω・´)!

 

自動売買を使いたいならトラリピ!

 

トラリピでは、5/26からメキシコペソの取り扱いを開始します。

おそらくトラリピに目がいっていて、ループイフダンの25銭幅のことは完全放置になっている気がします。

 

トラリピであれば、利確幅を自分で決められるので、こちらをおすすめします。

正確にいうと、利確幅というよりは、利確する金額を設定ですね。

 

ボクもトラリピには参戦したいと考えていて、現在どのような設定にしようか悩み中です、、、

 

メキシコペソで自動売買をしていくなら、トラリピで参戦しましょう(`・ω・´)!

 

※ボクのトラリピ設定については近日公開予定です。