つみたてNISA

【みずほ銀行でつみたてNISA】取扱銘柄・特徴を分かりやすく解説

この記事をオススメしたい人

  • つみたてNISAを始めたい人
  • みずほ銀行でつみたてNISAを始めようと検討している人
  • みずほ銀行で取り扱っているファンドの評価を知りたい人

みずほ銀行でつみたてNISAを始めるなら「たわらノーロード日経225」か「野村つみたて外国株投信」がおすすめ。ATM手数料を無料で使える嬉しい特典もあります。

 

この記事では『みずほ銀行のつみたてNISAの特徴』を書いていきます。

みずほ銀行でつみたてNISAを始めようと思っているけど、投資するのに適しているのか気になりますよね。

この記事を読み終えれば、みずほ銀行のつみたてNISAにどんな特徴があるのか分かります。

さらにみずほ銀行のつみたてNISA対象ファンドの評価も解説しているので、自分にあった銘柄で投資を始められますよ。

 

みずほ銀行のつみたてNISA【ぶっちゃけどうなの?】

 

みずほ銀行のつみたてNISAは、人によってはおすすめできると言えます。

主な特徴は3つあって、

  • つみたてNISA対象のファンドは微妙
  • みずほ銀行がメインバンクならATMをおトクに利用できる
  • 楽天銀行の方が投資面&銀行面で優れている

といったところです。

これらについて、詳しく紹介していきますね。

 

みずほ銀行のつみたてNISA【ファンドの評価】

 

みずほ銀行で取り扱っているつみたてNISAは、全部で5ファンドです。

インデックスファンド

  • たわらノーロード日経225
  • 野村つみたて外国株投信

アクティブファンド

  • たわらノーロードバランス(堅実型)
  • たわらノーロードバランス(標準型)
  • たわらノーロードバランス(積極型)

 

つみたてNISAは、金融庁のお墨付きで選ばれた162本ファンドしかありません。(金融庁HPより)

みずほ銀行では162本から、さらに5本に絞って提供しているってことになります。

野村證券のつみたてNISA』と同じく、取扱銘柄が少ないです。

みずほ銀行のつみたてNISAは、かなり限定された銘柄から選ぶことになります

 

1. たわらノーロード日経225

種類とベンチマーク インデックスファンド・日経225
コスト(信託報酬) 0.1836%
純資産総額 124.83億円
トータルリターン  11.92%(3年間)
設定日 2015/12/07

 

「たわらノーロード日経225」は、日経225を目標の指数にしたインデックスファンドです。

このファンドで気になる点は2つあります。

  • ファンドの取り扱い開始から日が浅い
  • 日経225がベンチマーク

 

ファンドの取り扱い開始から日が浅い

 

「たわらノーロード日経225」は、ファンドの取り扱い開始から日が浅いです。

2015年12月に設定取り扱い開始になったので、まだ運用歴は3年ほどにか経っていません。

つみたてNISAでは最長20年間と、長期の運用が基本になってきます。

なので長期的に運用され続けているファンドを選ぶことが重要です。

過去のリターンは参考程度に!

 

過去のリターンは参考程度にしましょう。

たわらノーロード日経225だったら、過去3年間のリターンは約12%あります。

でも、これからの3年間で同じようなパフォーマンスを出せるかは、分からないことです

過去のリターンは参考程度に見るべきで、長い間運用されているかを重視しましょう。

 

日経225がベンチマーク

 

たわらノーロード日経225は、目標としている指数が日経225です。

ですが日本の株式市場をベンチマークにするなら、日経225ではなくTOPIXが望ましいです

  • 日経225 : 東証一部上場企業のうち225
  • TOPIX : 東証一部上場企業全2,137

つみたてNISAで「長期・分散・積立」の投資をしていく上で、どちらの方が分散できるでしょうか?

TOPIXをベンチマークにした方が分散の効果は高いです。

なので日本株の投資が、日経225しかないのが気になります。

 

2. 野村つみたて外国株投信

種類とベンチマーク インデックスファンド・MSCI ACWI
コスト(信託報酬) 0.2052%
純資産総額 64.41億円
トータルリターン  2.35%(1年間)
設定日 2017/10/02

 

「野村つみたて日本株投信」はMSCI ACWIを目標の指数にした、インデックスファンドです。

野村證券でも取り扱いのあるファンドになります。

このファンドで気になる点は3あります。

  • 純資産総額が少ない
  • ファンドの取り扱い開始から日が浅い
  • 銘柄がほぼアメリカ中心の先進国

 

詳しくは『野村つみたて外国株投信のポイント』が参考になります。

【野村證券のつみたてNISA】評判は?取り扱い銘柄まで徹底評価 つみたてNISAを始めるなら野村證券でなく楽天証券がおすすめです。野村證券でつみたてNISAを始めるなら、「ひふみプラス」を...

 

3. たわらノーロードバランス(堅実型)

種類とベンチマーク インデックスファンド・バランス型
コスト(信託報酬) 0.2376%
純資産総額 2.04億円
トータルリターン  1.55%(1年間)
設定日 2017/11/08

 

たわらノーロードバランス(堅実型)は、バランス型のインデックスファンドです。

たわらノーロードシリーズは3種類あって、堅実型は債券の比率が80%と、低リスクなファンドになります

 

  • 国内株式 : 4%
  • 先進国株式 : 12%
  • 新興国株式 : 1%
  • 国内債券 : 36%
  • 先進国債券 : 36%
  • 新興国債券 : 8%
  • 国内REIT : 2%
  • 先進国REIT : 1%

 

このファンドで気になる点は3つあります。

  • 純資産総額が少ない
  • ファンドの取り扱い開始から日が浅い
  • 債券の比率が高すぎる

 

純資産総額が少ない

 

純資産総額が2.04億円は少なすぎます。

純資産総額が少ないと、早期償還のリスクが高まります。

早期償還

ファンドが運営停止になること。運営停止になったときに基準価格で返金される。

なので、早期償還された時点で成績がマイナスであれば、今後プラスになる可能性があっても負けになります

債券中心でファンドを組んでいるのに、純資産総額が少なすぎてハイリスクになっています。

 

ファンドの取り扱い開始から日が浅い

 

取り扱い開始から日が浅いことも気になりますね。

2017年11月からなので、まだ1年ちょっとしか経っていません。

つみたてNISAを選ぶときは、できるだけ長期間の成績が確認できるファンドを選びましょう。

 

債券の比率が高すぎる

 

債券の比率が高すぎるのも気になるポイントです。

債券を組み入れるメリットは、低リスクで資産運用できることです。

でも、つみたてNISAで「長期・分散・積立」の資産運用をするのであれば、リスクはある程度おさえられます

低リスクにしすぎると、その分リターンが下がります。

直近1年間の運用成績も年利1.55%と少ないので、年利5%を目標にファンドを選ぶと良いです

 

補足 : バランス型のインデックスファンドは投資しなくてOK 

 

そもそもなのですが、バランス型のインデックスファンドは投資しなくてOKだと考えます。

なぜなら、バランス型だと単一型よりコストが高いからです

複雑にしている分、コストも上がってしまいます。

実際に「たわらノーロードバランス」は、信託報酬が0.2376%と高いです。

「たわらノーロード日経225」は信託報酬が0.1836%なので、バランス型のファンドは0.05%高いですね。

コストは自分でコントロールできるものですので、バランス型ではなく単一型を選ぶと良いです。

 

4. たわらノーロードバランス(標準型)

種類とベンチマーク インデックスファンド・バランス型
コスト(信託報酬) 0.2376%
純資産総額 8.16億円
トータルリターン  3.17%(1年間)
設定日 2017/11/08

 

たわらノーロードバランス(標準型)も、バランス型のインデックスファンドです。

たわらノーロードシリーズの標準型は、債券の比率が50%で、堅実型よりはリスクがあるファンドになります

  • 国内株式 : 7%
  • 先進国株式 : 27%
  • 新興国株式 : 1%
  • 国内債券 : 17%
  • 先進国債券 : 27%
  • 新興国債券 : 6%
  • 国内REIT : 10%
  • 先進国REIT : 5%

 

このファンドで気になる点は、堅実型と同じ3つです。

  • 純資産総額が少ない
  • ファンドの取り扱い開始から日が浅い
  • 債券の比率が高すぎる

 

理由の詳細は、『たわらノーロードバランス(堅実型)』を参考にしてみてください。

純資産総額が8.16億円でも少なくて、だいたい100億円の純資産総額があると、安心して運用できます。

 

5. たわらノーロードバランス(積極型)

種類とベンチマーク インデックスファンド・バランス型
コスト(信託報酬) 0.2376%
純資産総額 8.44億円
トータルリターン  4.25%(1年間)
設定日 2017/11/08

 

たわらノーロードバランス(積極型)も、バランス型のインデックスファンドです。

たわらノーロードシリーズの積極型は、株式の比率が45%で、3つの中で1番ハイリスクなファンドになります

  • 国内株式 : 13%
  • 先進国株式 : 40%
  • 新興国株式 : 2%
  • 国内債券 : 3%
  • 先進国債券 : 14%
  • 新興国債券 : 3%
  • 国内REIT : 13%
  • 先進国REIT : 12%

 

このファンドで気になる点は、堅実型と同じ3つです。

  • 純資産総額が少ない
  • ファンドの取り扱い開始から日が浅い
  • 株式100%の単一型ファンドでOK

 

純資産総額が少ない

 

積極型の純資産総額は、8.44億円です。

たわらノーロードバランスの中だったら、1番高い純資産総額です。

それでもまだ少ないので、安心して運用できるとは言い難いです。

 

ファンドの取り扱い開始から日が浅い

 

たわらノーロードバランスシリーズは、取り扱い開始から日が浅いです。

現時点では安心して投資できるとは言い難いファンドになっています。

 

株式100%の単一型ファンドでOK

 

たわらノーロードバランス(積極型)で投資するなら、100%株式の単一型ファンドでOKです。

なぜならバランス型のファンドは、信託報酬が高いからです

中途半端に株式多めのバランス型で運用するなら、最初から株式で組まれたコストの低いファンドに投資しましょう

 

みずほ銀行のつみたてNISAをすると、ATMがおトクに利用可能

 

みずほ銀行でつみたてNISAを始めると、ATMがおトクに利用できるようになります。

 

ATM手数料や振込手数料がタダになる

 

みずほ銀行では、つみたてNISAを始めると付いてくる特典がたくさんあります。

  • みずほ銀行・イオン銀行ATM時間外手数料 : 0円
  • みずほ銀行同時の振込 : 0円
  • コンビニATM手数料 0円(月4回)
  • 他行へ振込 : 0円(月1回)

 

とくに嬉しいのが、コンビニでお金をおろすときの手数料がかからないことではないでしょうか?

急に現金が必要になる機会ってありますよね。

みずほ銀行の時間外手数料がかからないのも嬉しいポイントです。

投資でお金を増やしつつ無駄なお金を使わないよう、節約もできちゃいますね。

さらにつみたてNISAを開設するだけでなくて、実際に投資を始めるだけで付く特典もあります

実はつみたてNISAの口座を開設しただけだと、お得なサービスを使えるのは2年間なんです。

でも少額でも投資をすれば、無期限でATM手数料や口座振込が無料利用できます

それだけでなく他行宛の振込手数料が月4回まで0円になります。

銀行の振込で結構な手数料が持っていかれるので、これは嬉しい特典ですね。

お金を増やしつつ、節約しちゃいましょう。

 

みずほ銀行のATMをおトクに利用する方法

みずほ銀行のATMをおトクに利用するのに必要なことは3つです。

  • みずほマイレージクラブに入会
  • みずほダイレクト or かんたん残高照会
  • つみたてNISA口座の開設

それぞれ簡単に説明すると、

  • みずほマイレージクラブ→『入会費年会費無料のサービス』
  • みずほダイレクト、かんたん残高照会→『取引の電子化(無料)』
  • つみたてNISA口座の開設→『もちろん無料

 

つまり、無料でATMがおトクに使えてしまうってわけです。

これは利用しないって選択肢はない気がしますね(^◇^;)

みずほマイレージクラブは、

  • クレジット付きのキャッシュカード→ネット or 店舗
  • キャッシュカード単体→店舗

での申し込みになります。

みずほダイレクトとつみたてNISAの口座開設については、ネットから申込できます

 

楽天証券なら、もっとおトクにATMを利用できる

 

楽天証券でつみたてNISAを始めれば、さらにおトクにATMを利用できます。

楽天証券の口座を開設して、楽天銀行と紐付けるだけでお得なサービスを利用できます。

証券口座と銀行口座の紐付けは、5分あればできます。

ところで、どれくらいおトクに利用できるのかというと、

  • 最大月7回までATM手数料無料
  • 最大月3回まで振込手数料無料
  • 楽天スーパーポイント獲得最大3倍
  • 普通預金金利0.1%

などがあります。

普通預金金利が0.1%ってすごいですよね…。

みずほ銀行でお金を預けていたら、0.001%にしかならないです。

楽天証券でつみたてNISAをするだけで、金利が100倍です。

1,000万円預けても100円にしかならないところ、楽天証券なら1万円です

もはや銀行預金で投資しているようです(笑)

楽天証券には、もっとお得なサービスがあります。

詳しくは『楽天証券とSBI証券の比較』を参考にしてみてください。

楽天証券なら、つみたてNISAの取り扱いが150本あるので、良いファンドに投資することができますよ。

5分でカンタン&無料で口座開設!!

楽天証券の無料口座開設をする>>