メキシコペソ

メキシコペソスワップ投資で大損しないコツ【注意すべき点は4つ】

この記事をオススメしたい人

  • メキシコペソスワップ投資で大損したくない人
  • スワップ投資で損したくない人
  • FX初心者で勝ちたいと考えている人

メキシコペソスワップ投資で大損しないために1番大事なのは「ロスカットされないこと」です。他にも注意点は3つあります。

 

この記事では、『メキシコペソスワップ投資で、大損しないためのコツ』を書いていきます。

 

メキシコペソスワップ投資をこれから始めるのに、大損なんてしたくないですよね。

 

この記事を読み終えれば、メキシコペソスワップ投資で大損しないコツが分かり、安心して投資をスタートできます。

 

注意点をおさえて、手堅く投資していきませんか?

 

メキシコペソスワップ投資で大損しないコツ【注意すべき点は4つ】

 

メキシコペソのスワップ投資で大損しないために、注意するべき点は4つあります。

 

注意点1 : レバレッジをおさえる

 

メキシコペソスワップ投資の1つ目の注意点は、「レバレッジをおさえる」です。

 

なぜなら、スワップ投資は長期で運用していくことが大前提なので、ロスカットを避けなければいけないからです

 

逆に、ロスカットさえ注意しておけば、スワップ投資で大損することはありません

 

そのくらい「ロスカットされないこと」が重要です。

まーくん
まーくん
ロスカットされないようにするには、どうしたら良いの…?

 

ロスカットされないための解決策が、「レバレッジをおさえる」です。つまり、「ローリスクローリターンを目指す」と言うことです

 

メキシコペソが1通貨5.7円だったときのロスカットレートは以下の通りです。

メキシコペソ5.7円時のロスカットレート

1倍 : 0円

2倍 : 2.968円

3倍 : 3.958円

4倍 : 4.453円

5倍 : 4.750円

(過去最安値 : 4.87)

6倍 : 4.947円

10倍 : 5.343円

 

なので、レバレッジ5倍以下であれば、過去最安値でもロスカットされない水準になっています

 

でも、メキシコペソスワップ投資の場合だと、レバレッジをかけなくても約10%の年利が見込めます。

 

なので、そもそもレバレッジをかけなくても、ハイリターンなんです。

まーくん
まーくん
じゃあ、レバレッジをかけなくても良さそうだね!

デメリットとかあるのかな?

 

レバレッジをかけないことのデメリットは、「投資効率が悪くなること」です。

 

現在のメキシコペソのレートが5.7円程度なので、計算上はレバレッジを10倍かけたってロスカットされません。

 

そんな状況下の中で、レバレッジをかけないことは、本来ゲットできたはずのお金を逃しているとも言えます

 

でも、年利10%を見込めるなら、大損しないためにもレバレッジをかけないのは良いのではないでしょうか?

 

投資信託などは、見込みの年利が5%程度ですし、初心者のうちはレバレッジをかけないことを推奨します。

 

注意点2 : 短期で利益を得ようとしない

 

メキシコペソスワップ投資の2つ目の注意点は、「短期で利益を得ようとしない」です。

 

スワップ投資は長期で運用していくことが大前提になるので、短期で利益を得ようとしないのが大事です。

 

まーくん
まーくん
スワップ投資でも、短期で利益を得る方法があるの…?

 

レバレッジをかければ、毎日もらえるお金が増えるので、短期間で大きな利益が見込めます。

 

でも、先ほどお伝えしたように、レバレッジをかけることは、あまりおすすめでいません。

 

レバレッジをかけることは、FXの醍醐味でもありますし、投資効率をあげる武器にもなります。

 

でも、最初のうちはレバレッジ1倍で試してみてください。

 

注意点3 : 大金を投資しない

 

メキシコペソスワップ投資の3つ目の注意点は、「大金を投資しない」です。

 

メキシコペソは新興国通貨の中でも、格付けが高く、価格変動も安定している方です。

 

【2019年】メキシコペソ(FX)の今後の見通し【初心者OK】この記事ではメキシコペソ円(FX)の2019年見通しから、今後の予想まで書いています。新興国通貨であるメキシコペソは情報源が少ないので、この記事でしっかり知識をつけていきましょう。...

 

でも、だからといって、メキシコペソに一点集中で大金を投資するのは良くないです。

 

まーくん
まーくん
レバレッジ1倍だったら、ロスカットされないんでしょ…?

 

ロスカットはされませんが、FX会社がメキシコペソの取り扱いをやめる可能性があります

 

すると、メキシコペソの取り扱いが終わった時点でポジションが決済されることになります。

 

「スワップポイント < 含み損」だった場合、強制的に損した状態で投資をやめなくてはいけないです

 

「取り扱いをやめる」は投資信託に投資していると、たまに起こることで、FXでも過去に取扱停止は起こっています。

 

結論は、レバレッジ1倍だと大損する可能性は限りなくおさえることができます。

 

でも、取扱停止リスクもあるので、大金を一気に突っ込むことはNGです。

 

投資は余力資金でやりましょう。

 

注意点4 : 一気に投資しないで買う時期を分ける

 

メキシコペソスワップ投資の4つ目の注意点は、「一気に投資しないで買う時期を分ける」です。

 

つまり、一括投資しないで積立投資をしましょうということです

 

100万円投資する予定があるなら、月に10万円ずつにしましょう。

 

なぜなら、100万円を一括で投資すると、大暴落したときのダメージがデカイからです。

 

月10万円ずつ投資しておけば、投資しておいた時点までで、ダメージがおさまります。

しかも、大暴落すれば安くメキシコペソを購入できるチャンスにもなります。

 

スーパーの値下げ品を狙っていく感覚で、メキシコペソも下落したタイミングで買い増ししましょう。

 

そのためにも、一括投資するのではなくて、毎月少額を積み立てていくことが大事です

 

補足 : ナンピン(難平)はダメなんですよね?

 

買う時期を分けて、大暴落したタイミングで買うということは、解釈を変えるとナンピンするということでもあります。

ナンピン

損しているポジションをさらに買い増しすること。ナンピンすると平均約定価格が下がる。

 

例えば、1ドル100円のときに購入した米ドルが90円まで下がりました

 

90円まで下がったので、さらに1ドル購入しました。すると、平均約定価格は95円になります。

 

なので、米ドルが95円まで値上がりすれば、「±0にできる」というわけです

 

まーくん
まーくん
これの何がダメなの?

 

ナンピンが良くないとされる理由は、「損切りせず通貨を購入する」ためロスカットされる確率が上がることです

 

ナンピンは言うなれば、「損を認めたくなくてポジションを買い増ししてしまう」ことです。

 

その結果、ロスカットされてしまい「損大利小」になるため、ナンピンは良くないとされています。

 

まーくん
まーくん
でも、ロスカットされなければ問題なさそうに思えるけど…?

 

全くもってその通りで、ロスカットに注意すれば、有効に使うことができます

 

そして、ロスカットされないためにはレバレッジをおさえる必要があります。

 

なので、「レバレッジ1倍、長期で少額ずつ積立する」ことをおすすめしていたんです。

 

FXというか投資は、「安いところで買って、高いところで売る」のが、そもそもの大原則です

 

結論として、

安いところで買うために、一括投資ではなくて、積立投資をしよう!

ということになります。

 

【まとめ】メキシコペソのスワップ投資で大損しないためのコツ

 

まとめると、

  1. レバレッジをおさえる
  2. 短期で利益を得ようとしない
  3. 大金を投資しない
  4. 一気に投資しないで買う時期を分ける

ということになります。

 

ポイントをおさえたところで、さっそくメキシコペソのスワップ投資を始めましょう。

 

順に読み進めていくだけでメキシコペソの投資をスタートできる「完全マップ」を用意しました。

 

一緒にメキシコペソのスワップ投資を始めませんか?

 

【メキシコペソスワップポイント投資】初心者でも失敗しない完全マップ この記事を順に読み進めれば、メキシコペソスワップ投資に必要な知識や、始め方が分かるようになっています! この記事は、『...