メキシコペソ

【2019年】メキシコペソ(FX)の今後の見通し【初心者OK】

 

困っている人
困っている人
これからメキシコペソに投資を検討しているから、今後の見通しが知りたいな…。

でも投資初心者だから、わかりやすい解説が読みたい!

上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • メキシコペソがどんな通貨なのか知りたい人
  • メキシコペソでスワップ運用を考えている人
  • メキシコペソ投資で「損したくない」人

上記の通りです。

 

この記事では『メキシコペソの今後の見通しを、2019年と長期的な視点』に分けて書いていきます。

これからメキシコペソへの投資を考えている方は、必読の内容です。

この記事を読み終えれば、メキシコペソの知識を身につけて、安心して投資を始められますよ(`・ω・´)!

 

この記事が1分でわかるまとめ

メキシコペソの特徴5つ

メキシコペソは、下記の5つの特徴を持った通貨だといえます。

  1. 政策金利が8.25%の高金利通貨
  2. 新興国によくある問題が少ない
  3. 高金利の割にリスクが低い
  4. 世界有数の資源国通貨
  5. アメリカ経済の影響を受けやすい

 

新興国によくある問題というのは、下記の3つのことです。

  1. 高い失業率
  2. 債務残高
  3. インフレ率

メキシコペソだと、上記の3点がそこまで問題ではなく、比較的安心して投資できる通貨になっています。

 

実際に、他の新興国通貨よりも高い格付けを得ています。

  ムーディーズ S&P フィッチ・レーディングス
メキシコペソ A3(安定的) BBB+(ネガティブ) BBB+(ネガティブ)
南アフリカランド Baa3(安定的) BB(安定的) BB+(安定的)
トルコリラ Ba3(ネガティブ) B+(安定的) BB(ネガティブ)

 

 メキシコペソのリスク

メキシコペソに投資する際のリスクが、下記の3つになります。

  1. 為替変動による強制ロスカット
  2. メキシコ財政が破綻
  3. そもそもFX会社が破綻

上記の通りです。

 

特に注意したいのが、為替変動による強制ロスカットのリスクです。

ただ、レバレッジ2〜3倍でもロスカットレートは4円くらいで、安心して投資できます。

メキシコペソ過去最安値 : 4.87円

 

 メキシコペソの今後の見通し

 

メキシコペソの今後の見通しは、下記の通りです。

  • 2019年 : 大きな値動きはなく、5.2円〜6.0円になる見通し
  • 長期間 : 長期の視点で見ると、値上がりする見通し

上記の通りです。

 

2019年は、そこまで大きな値動きはないと考えています。

 

長期的に見ると、メキシコペソは今後値上がりすると考えています。

ゴールドマンサックスによると、2050年にはGDP順位が5位になる予測です。

こういった点からも、メキシコという国が今後伸び続けていくことが分かります。

 

 メキシコペソの投資でおすすめなFX口座

 

メキシコペソに投資するなら、おすすめのFX口座はLIGHT FXです。

なぜなら、初心者でも使いやすく、メキシコペソのスワップポイントが1番高いFX口座だからです。

 

5分でカンタン!!最大50,000円キャッシュバック!!

『LIGHT FX』を無料口座開設する

 

 

【メキシコペソ : 見通しの前に!】メキシコペソ円の特徴は?

そもそもメキシコペソはどんな通貨なのか、紹介していきます。

 

1-1. 高金利&新興国通貨

 

メキシコペソは「政策金利が8.25%の高金利通貨」かつ「新興国通貨」です。

他国の政策金利を見てみると、下記の通りです。

 政策金利〜先進国〜

日本 0.1%
英国 0.75%
オーストラリア 1.50%
ニュージーランド 1.50%
カナダ 1.75%
アメリカ 2.5%

 政策金利〜新興国〜

南アフリカ 6.75%
メキシコ 8.25%
トルコ 24.0%

(2019年5月13日現在)

 

上記のように比較してみるとわかるのですが、メキシコペソはトルコリラに続く、かなり高金利な通貨になっています。

この高金利な部分が、メキシコペソが人気になっている要因でもあります。

 

1-2. 他の新興国と比べて問題点が少ない

 

メキシコペソは他の新興国に比べて、問題点が少ない特徴があります。

新興国でよくある問題というのは、下記の3つです。

  1. 高い失業率
  2. 債務残高
  3. インフレ率

上記の通りです。

ですがメキシコペソの場合だと、失業率が低く、債務残高が少なく、安定したインフレ率なのが特徴です。

 

新興国の失業率

新興国の失業率は、下記の通りです。

  • トルコ 11.6%
  • 南アフリカ : 27.5%
  • メキシコ : 3.49%
  • 新興国平均 : 5.60%
  • 日本 : 2.40%

 

日本とほとんど同じ人口(約1.2億人)かつ新興国であるにも関わらず、失業率は1%しか変わりません。

新興国平均よりも約2%低く、メキシコは失業率が低い国だと言えます。

 

債務残高の比較

次に債務残高を見てみましょう。

債務残高とは、ざっくりいうと国の借金のことです。
政府純債務残高(対GDP比)(2017年)

  • 日本 : 237.65%
  • アメリカ : 105.20%
  • 中国 : 46.96
  • メキシコ : 54.33%

  • 南アフリカ : 53.33%
  • トルコ : 28.26%

これを見てみると、メキシコの借金はそこまで多くはないけど、少なくもないと言った具合です。

これだけ見ると、メキシコペソの借金は本当に問題ないのか疑問に思いますよね。

 

なので今度は視点を変えて、外貨準備高(借金を返すためのお金がどれくらいあるか?)を見てみます。

外貨準備高(対外債務残高対比)(2016年)

メキシコ : 42.1%

南アフリカランド : 32.3%

トルコ : 26.1%

 

債務残高だと、メキシコは他の国よりも借りたお金が大きかったですが、返すためのお金は他の新興国よりもしっかり準備しています。

 

「返すためのお金」と「借りたお金」を差し引きすると、メキシコの借金は、他の新興国よりも少ないと言えます。

 

インフレ率の推移

次にメキシコのインフレ率の推移を見てみます。

上の画像を見てみると、メキシコはインフレ率を2〜4%くらいで安定させていますね。

 

他の新興国の直近のインフレ率は、トルコが約20%、南アフリカランドが約5%と言った感じです。

インフレ率が高いということは、お金の価値が下がるということです。

なので、新興国としてはインフレ抑制をするのが必須です。

 

その点、メキシコはしっかりインフレ対策できていると言えます。

 

ここまでをまとめると、メキシコは下記のような特徴になります。

  • 失業率が低い
  • 債務残高(国の借金)が少ない
  • インフレ率が安定している

上記の通りです。

新興国でよくある問題が、メキシコの場合あまり大きくないのが重要ポイントになります。

 

1-3. 高金利通貨の割にリスクが低い

 

メキシコペソは、高金利通貨の割にリスクが低いです。

高金利通貨の割にリスクが低いことは、先ほどの新興国の問題が少ないことからもいえます。

新興国でよくある問題

  • 失業率が低い
  • 債務残高(借金)が少ない
  • インフレ率が安定している

上記の通りでした。

新興国でよくある問題に加えて、世界の格付け会社が発表している「長期信用格付け(外貨建)」を見てみましょう。

 

長期信用格付け

  ムーディーズ S&P フィッチ・レーディングス
メキシコペソ A3(安定的) BBB+(ネガティブ) BBB+(ネガティブ)
南アフリカランド Baa3(安定的) BB(安定的) BB+(安定的)
トルコリラ Ba3(ネガティブ) B+(安定的) BB(ネガティブ)

(2019/3/15更新)

 

ちなみに、格付けランクの意味は、下記の通りです。

Aaa/AAA
信用リスクが最小限(信用力が最大)

Aa/AA
信用リスクが極めて低い(信用力大)

A/A
信用リスクが低い(信用力あり)

Baa/BBB
信用リスクは中程度(信用力中程度)
※このランク(Baa3/BBB-)までが一般的に「投資適格級」とされる。

Ba/BB
相当の信用リスク
※このランク(Ba1/BB+)以下は「投資不適格級」「ジャンク級」などと呼ばれる。

B/B
信用リスクが高い

Caa/CCC
信用リスクが極めて高い

SD/RD
選択的デフォルト・一部債務不履行

D
債務不履行

 

メキシコペソは新興国通貨ながら、「投資適格級」という高い格付けをもらっています。

 

来年中にメキシコの格付けが下がる可能性があります。

 

2019年の2月下旬に、S&Pがメキシコペソの格付けを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げました。

その際、来年中にメキシコペソが格下げされる可能性が出てきています。

参考記事 >> S&Pがメキシコの格付けを安定的からネガティブへ

 

ファンダメンタルズの部分で、もしかしたら影響が出るかもしれないので、無理にレバレッジをかけている場合は注意が必要です。

 

1-4. 世界有数の資源国通貨

 

メキシコは、世界有数の資源国通貨であると言えます。

なぜなら、メキシコは世界一広い天然塩田があったり、原油が取れたりするからです。

 

メキシコが力を入れている生産物

メキシコが力を入れて生産しているものをまとめてみました。

  • 原油 : 世界の2.5%シェア
  • 銀 : 世界1位
  • トウモロコシ : 7位
  • アボカド : 1位
  • アスパラガス : 3位
  • 唐辛子・ピーマン : 2位

上記の通りです。

メキシコには力を入れている生産物が、たくさんあります。

 

原油や銀だけでなく野菜や果物も取ることができて、日本も輸入しています

日本以外の輸出入関係でいうと、中国がメキシコから原油を輸入しています。

 

中国は現在、米中貿易摩擦でアメリカから原油の輸入に関税をかけられています。

でも中国はメキシコのおかげで、アメリカに関税をかけられていても問題なしです。

 

上記のように、輸出で活躍している点からも、メキシコは世界有数の資源国通貨であると言えますね。

 

1-5. アメリカ経済の影響を受けやすい

 

メキシコペソは、アメリカ経済の影響を受けやすいです。

 

1つ目の理由が地理的な環境です。

メキシコは、世界最強国であるアメリカの隣接国に位置します。

 

 

またメキシコの輸出割合は、アメリカが80%です。

メキシコは輸出大国(195カ国中13位)なので、メキシコ経済の運命はアメリカにあるといっても過言ではないです。

 

ただ、メキシコとアメリカはUSMCA(前NAFTA)という貿易協定が結ばれているため、メキシコの輸出に原則関税がかかりません。

つまりメキシコからすると、非常に好条件でモノを売ることができているわけです。

 

その上アメリカは、過去30年間という長期間でGDPが成長し続けています。

グラフの単位は違いますが、メキシコのGDPも伸び続けています。

 

アメリカが経済的に伸び続けてくれれば、メキシコからたくさんモノを買ってくれるので、芋づる式で成長できます。

アメリカありがたしですね(`・ω・´)!

 

1-6. まとめ

 

メキシコの特徴についてまとめると、下記の通りになります。

  1. 高金利&新興国通貨
  2. 他の新興国と比べて問題点が少ない
  3. 高金利通貨の割にリスクが低い
  4. 世界有数の資源国通貨
  5. アメリカ経済に影響される

上記の通りですね。

新興国通貨の割に、リスクが低いことがわかっていただけたかと思います。

 

2. 【2019年】メキシコペソ円の投資リスク

メキシコペソをスワップ運用するときのリスクは、下記の3つです。

  1. 為替変動による強制ロスカット
  2. メキシコ財政が破綻
  3. そもそもFX会社が破綻

上記の通り。順番に見ていきましょう。

 

2-1. 為替変動による強制ロスカット

 

メキシコペソを運用していくときに1番気をつけたいリスクが、為替変動による強制ロスカットです。

逆を言うと、メキシコペソをスワップ運用していくときに気をつけたいのは、強制ロスカットくらいですね。

 

強制ロスカットに気をつけると言っても、レバレッジをかけなければ、怖がるような値動きはしていません。

 

直近3年間のMXN/JPYのチャートを見てみると、最安値と最高値は下記の通りです。

  • メキシコペソの最安値 : 4.87円
  • メキシコペソの最高値 : 6.20円

 

上記の最安値になった2016年というのは、トランプ氏がアメリカ大統領に就任した年です。

アメリカ大統領選挙のとき、トランプ氏は不法入国対策で「メキシコ国境間に壁を作る」と言っていました。

 

トランプ氏のアメリカ大統領選挙での公約発表の影響で、メキシコとアメリカの関係が悪化して、メキシコペソが売りの傾向になりました。

売りの傾向が強まる中で、トランプ氏がアメリカ大統領に就任したために、メキシコペソは過去最安値の4.87円まで大暴落する結果になりました。

 

もしロスカットを気にしながらメキシコペソに投資するのであれば、過去最安値の4.87円を少し下回っても大丈夫なレバレッジにしましょう。

 

2-2. メキシコ財政が破綻

 

2つ目のリスクが、そもそもメキシコ財政が破綻するパターンです。

一応リスクとして挙げましたが、メキシコ財政の負担は、ほとんど起こらないと考えています。

 

理由は3つあって、下記のとおり。

  1. 信用格付けが高い
  2. アメリカにヨイショできる
  3. 人口増加とともに経済成長し続ける

上記の通りです。詳しく解説していきます。

 

メキシコ財政破綻は心配無用1 : 信用格付けが高い

 

これは先ほど『メキシコペソの特徴』で解説したとおりです。

メキシコペソは、借金が少なく、信用格付けが高いのが特徴でした。

 

再掲 : 長期信用格付け

  ムーディーズ S&P フィッチ・レーディングス
メキシコペソ A3(安定的) BBB+(ネガティブ) BBB+(ネガティブ)
南アフリカランド Baa3(安定的) BB(安定的) BB+(安定的)
トルコリラ Ba3(ネガティブ) B+(安定的) BB(ネガティブ)

 

特にムーディーズの評価がケタ外れに良いですね(`・ω・´)!

 

メキシコ財政破綻は心配無用2 : アメリカ経済に波乗りできる

 

アメリカ経済はどんどん成長していくので、それに乗っかってメキシコも経済成長していきます。

アメリカ経済がどんどん衰退していくなら話は別ですが、先進国でGDPが長期的に成長していないのは、日本くらいです。

 

最強の経済大国アメリカに波乗りできるので、メキシコは新興国の中でもかなり恵まれた環境にいます。

 

メキシコ財政破綻は心配無用3 : 人口増加とともに経済成長し続ける

 

メキシコは、人口が増え続けています。

人口の推移をグラフで見てみましょう。

 

メキシコの人口推移

上の画像の通りです。どんどん人口が増えていることが分かります。

人口が増え続けることは非常に大事です!

 

メキシコがアメリカに貿易で輸出しているものは、「自動車、自動車部品、電子機器、原油」がメインです。

つまりメキシコでは、工業が非常に盛んです。

 

人が多ければ多いほど、工業をに携わる人を増やすことができるので、メキシコ経済をますます発展させることができます。

メキシコ財政が破綻するどころか、これから伸び続けると考えたほうが良いですね。

 

メキシコの今後の成長については、僕だけが勝手に思っていることではありません。

ゴールドマンサックスの2050年GDP予想では、メキシコは世界5位です。(日本は8位予想)

 

ここまでをまとめると、メキシコ財政の破綻がほぼ起こらないと考える理由は、下記の通りです。

  • 信用格付けが高い
  • アメリカにヨイショできる
  • 人口増加とともに経済成長し続ける

上記の通りです。

繰り返しにはなりますが、メキシコ経済は今後伸び続けると考えて良いかと思います(`・ω・´)!

 

2-3. FX会社が破綻

 

3つ目のリスクが、そもそもFX会社が破綻する場合です。

 

ですが、ボクがメキシコペソ投資で利用している口座のLIGHT FXは、信託保全が付いています。

信託保全

FX会社が破綻したときに、預けていた証拠金が戻ってくる制度

 

信託保全があるので、仮にFX会社が破綻しても、ちゃんとお金は戻ってきます。

FX会社の破綻によって、損することはありません。

 

まとめ

 

メキシコペソの投資リスクをまとめると、下記の通りになります。

  1. 為替変動による強制ロスカット
  2. メキシコ財政が破綻
  3. そもそもFX会社が破綻

上記の通りです。

ただ、無理なレバレッジをかけて投資しなければ心配無用ですね(`・ω・´)!

 

3. 【2019年】メキシコペソの今後の見通し

ここまでを踏まえて、メキシコペソの今後の見通しは『2019年は大きな値動きなし』で『長期的にみると上昇する』と考えます。

 

3-1. メキシコペソ「2019年は大きな値動きなし」

 

メキシコペソの2019年の見通しは、大きな値動きがないと考えています。

具体的にいうと「5.2円〜6.0円の範囲で収まるのではないか」と考えています。

 

野村證券の見通し』も確認してみたのですが、5.2円〜5.9円での予測でした。

2019年5月15日時点で、5.9円はオーバーしているので、野村證券は予想を外してしましました、、、

 

メキシコペソの見通しで「大きな値動きがない」と予測する理由は、大きな変動要因が、いったん片付いたからです。

具体的にいうと、2016年から続いていたNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉が、2018年9月にUSMCAという別の形になって合意されることになりました。

NAFTA問題に関しては、メキシコの最大の懸念点だったので、これをクリアできたのは大きいですね。

 

他にも、メキシコ大統領のアムロ氏による発言で、2018年にペソの下落がありましたが、政策金利をあげることで対応しました。

ちなみにアムロ氏の発言というのが、下記のとおり。

  • 2018年10月に新空港の建設中止
  • 2018年11月に銀行の手数料引き下げ

上記のとおりです。

アムロ氏の発言が影響したメキシコペソの値下がりは、11月に金利を7.75%から8.0%に引き上げ、12月に8.0%から現8.25%に引き上げることで対策しました。

 

大きな問題がないとはいえ、新しいインフラ設備を整えるための財源が不足していたりするので、完璧に問題解決ができているわけではないです。
(財源に関しては、どこの国でもそうですが、、、)

 

なので、メキシコ情勢に課題は残っているけど、大きな問題点はないので、小さな値動きに落ち着くのではないかと考えています。

 

3-2. メキシコペソ「長期的に見ると上昇する」

 

2019年は大きな値動きがないと考えていますが、長期で見るとメキシコペソは上昇すると考えています。

 

そもそもメキシコペソが変動するのは、大きく分けて下記の3つです。

  1. アメリカ情勢やアメリカ経済
  2. メキシコ大統領アムロ氏の政策内容
  3. 投資家がリスクを取りたくない場合(リスクオフの場合)

上記のとおりです。

 

アメリカ情勢やアメリカ経済

メキシコはアメリカ情勢やアメリカ経済に、良くも悪くも影響を受けます。

そんなアメリカ経済は、長期的にみると伸び続けています。

 

再度GDPの推移を確認してみましょう。

上の画像のとおりです。

アメリカ産業は、IT分野だけ考えても、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)をはじめ、頑張っているスタートアップ企業が多数あります。

 

つまり、なにが言いたいかというと、アメリカが今後衰退していくことは考えにくいです。

アメリカ経済の成長に波乗りできる点は、メキシコペソの上昇要因と言えます。

 

トランプ大統領の動向には注意が必要です!

アメリカ経済に成長に波乗りできるのは確かです。

ただ、アメリカと密着な関係にあるだけに、トランプ氏の発言内容によって、メキシコペソが変動する可能性があります。

 

最近の例ですと、2016年にトランプ氏が「メキシコとの国境沿いに壁を作る」という公約のもとで大統領に当選したとき、メキシコペソの過去最安値を叩き出しています。

 

さらに、メキシコ大統領のアムロ氏は、表では協力していこうと言っていますが、アメリカ大統領のトランプ氏に反発気味です。

なのでトランプ氏の件は、グレーゾーンと言っても良いでしょう。

 

メキシコ大統領のアムロ氏の政策内容

2つ目の大きな変動要因にあたるのが、メキシコ大統領のアムロ氏の経済政策内容です。

短期の見通しでも書きましたが、アムロ氏の経済政策の内容で、メキシコペソが下落したタイミングがあります。

このときの政策内容が、空港の建設中止や銀行手数料の引き下げです。

 

もちろんメキシコ経済政策が良い方向に働くこともあります。

でも新体制になったばかりなので、アムロ氏の動向には注意が必要です。

 

投資家がリスクを取りたくない場合

3つ目のメキシコペソの変動要因は、投資家がリスクを取りたくないときです。

メキシコペソは新興国通貨なので、リスクが高く流動性が低いです。

 

通貨の流動性

通貨の動きやすさ。所持している人が多い通貨は流動性が高い傾向にあります。(米ドル、ユーロなど)

 

世界的な不況に見舞われたら、比較的安全な通貨を持っていたいと考えるのが自然ですよね。

でもメキシコペソのように流動性が低い通貨だと、不況時に売りたくても売れない事態が発生してしまします。

 

売りたいのに売れないといった事態にならないように、不況になりそうな局面になれば、投資家たちはメキシコペソを手放します。

これがリスクオフでして、このタイミングでメキシコペソが下落します。

 

つまり、リスクオフ局面ではメキシコペソが値下がり、リスクオン局面ではメキシコペソが値上がりします。

 

以上をまとめると、メキシコペソの変動要因は下記のとおり。

  1. アメリカ情勢やアメリカ経済
  2. メキシコ大統領アムロ氏の政策内容
  3. 投資家がリスクを取りたくない場合(リスクオフの場合)

上記のとおりです。

 

変動要因だけ見ると、本当にメキシコペソは値上がりするのか心配になりますが、アメリカ経済に波乗りできるのが1番大きいです。

また、メキシコ自体の信用格付けも高く、ゴールドマンサックスの2050年GDP予想だと世界5位なので、長い目で見るとメキシコペソの上昇は間違えないでしょう。

 

4. 【メキシコペソでスワップポイント投資】おすすめのFX会社

メキシコペソをスワップポイント投資をするときにオススメの口座は、『みんなのFX 』と『LIGHT FX 』です。

両方ともトレイダーズ証券が運営しています

 

オススメのポイントは次の3つです。

『みんなのFX』と『LIGHT FX』がオススメな理由

  1. スワップポイントが高い
  2. 利益確定させるまで税金がかからない
  3. 圧倒的に使いやすい

 

スワップポイントが高い

 

メキシコペソのスワップランキング』を見ると、「みんなのFX 」と「LIGHT FX」はともにスワップポイントが高いです。

 

1ロット(1万通貨)の所持で、1日16円のスワップポイントがもらえます。

 

しかも、メキシコペソ/円は現在5.7円程度なので、約57,000円で1ロット購入できます。

 

それはちょっと高いな…。と思う方は、『みんなのFX 』と『LIGHT FX』だと5,700円(1,000通貨)から購入できます。

 

1回飲み会行かなければ、投資を始めることができますね。

 

逆に少しお金に余裕がある人は、10ロット(10万通貨)購入すると、年間で58,400円の不労所得ができます。

 

日本円にすると、約57万円です。(レバレッジ1倍)

160(円/日) × 365(日) = 58,400(円)

 

これは、台湾や韓国だったら2泊3日の旅行が年1回タダでいけるイメージです。
(シーズン考えれば、もっと安く行けるのでお釣りでます。)

 

これが、他のFX会社だとスワップポイントが120円など、割とあります。

 

リスクも何も変わらないのに、会社を間違えて選ぶだけで、損してしまうパターンです。

 

もし、120円だと年間で43,800円の不労所得となるのですが、『みんなのFX 』と『LIGHT FX』だと58,400円なので、

58,400円 – 43,800円 = 14,600円

 

約15,000円の損です。

 

同じ投資をしているのに、貰えるものが貰えないのは、バカバカしいですね。

 

メキシコペソを買うなら

\メキシコペソのスワップポイントが業界最高!!/

『みんなのFX』を無料口座開設する『LIGHT FX』を無料口座開設する

 

まーくん
まーくん
どっちも同じ会社がやってるけど、『LIGHT FX』の方がおすすめかな!

「LIGHT FX」は長期投資の初心者に最適【デメリットも公開】 「LIGHT FX」は「投資初心者」で「新興国通貨」の「長期投資」をしたいなら、マストで持っておくべきFX口座です。 ...

利益確定させるまで税金がかからない

 

みんなのFX 』と『LIGHT FX』は、スワップ運用中の税金がかかりません。

 

まーくん
まーくん
逆に他だとかかるの?!

 

『セントラル短資FX』は、メキシコペソのスワップポイントが一番高くて、1日16円と28銭貰えます。

 

でも『セントラル短資FX』はスワップ運用中に税金がかかります。「決済していなくても」です。

 

メキシコペソは、長期のスワップ運用を目的にしているので、10年、20年を見越したいです。

 

なのに、28銭高いからと『セントラル短資FX』を選ぶと、毎年未決済ポジションについても税金がかかってしまいます。

 

つまり、『セントラル短資FX』は、10年も長く持ち続けるのに、向いていないです

 

見かけの数字で騙されると、これまた損します。

 

とはいえ、3年くらいで運用をやめることが分かっている人は、『セントラル短資FX』がおすすめです。

 

でも、先ほども言ったように、メキシコペソは長期的に見て、値上がりしていくと踏んでいます。なので、『みんなのFX 』と『LIGHT FX』がオススメです。

 

圧倒的に使いやすい

 

とくに、『LIGHT FX』は使いやすいです。

 

というのも、『LIGHT FX』は2018年10月29日に、「使いやすさ(LIGHT)をウリにした」FX口座なんです。

シンプルで使いやすいのに、機能に不便があるとはないです。

 

イメージでいうと、無印良品みたいな感じですね。

 

なので、これからFXを始める初心者で、できるだけ放置して不労所得を得たいって方は、『LIGHT FX』でスワップ運用を始めるのがベストです。

 

不労所得ではなくてガチガチに管理するし、ここ3年で運用やめるなら『セントラル短資FX』でもOKです。
(ディスっているわけではなくて、確定申告めんどいので…。笑)

 

メキシコペソ運用でおすすめのFX会社まとめ

 

ここまでをまとめると、メキシコペソをスワップ運用していくときにオススメの口座は、『みんなのFX 』と『LIGHT FX 』で、理由は

『みんなのFX』と『LIGHT FX』がオススメな理由

  1. スワップポイントが高い
  2. 利益確定させるまで税金がかからない
  3. 圧倒的に使いやすい

 

ということになります。

まーくん
まーくん
FXは口座選びが本当に重要だよ!

とくに、『LIGHT FX』は使いやすい!

 

メキシコペソを買うなら

\メキシコペソのスワップポイントが業界最高!!/

『みんなのFX』を無料口座開設する『LIGHT FX』を無料口座開設する

 

5. まとめ

この記事全体をまとめると、『1. メキシコの特徴』は、

  1. 高金利&新興国通貨
  2. 他の新興国と比べて問題点が少ない
  3. 高金利通貨の割にリスクが低い
  4. 世界有数の資源国通貨
  5. アメリカ経済に影響される

 

『2. メキシコペソをスワップ運用するときのリスク』は、

  1. 為替変動による強制ロスカット
  2. メキシコ財政が破綻
  3. そもそもFX会社が破綻

 

これらを踏まえたときの、『3. 今後の見通し』については、『2019年は大きな値動きなし、長期的にみると上昇する』と考えました。

まーくん
まーくん
今後伸びていくなら、すぐにでも始めないとね!

 

メキシコペソをスワップ運用していくときの『4. オススメの口座』は、『みんなのFX 』と『LIGHT FX 』です。理由は3つあって、

  1. スワップポイントが高い
  2. 利益確定させるまで税金がかからない
  3. 圧倒的に使いやすい

 

この記事では、こんな流れでお伝えしていきました。

 

メキシコペソのスワップ運用は、初心者であればあるほどおすすめです。

 

この記事で書いたことを押さえておけば、しっかりと始めることができます。

 

また、メキシコのニュースが入ったときには更新していきますので、ブックマークしておくと良いです(๑╹ω╹๑ )

 

まーくん
まーくん
ここまで読んでくれてありがとう!

ボクは、『みんなで一緒に』資産運用するために情報発信していくよ!

 

まーくん
まーくん
順に読み進めるだけで、メキシコペソスワップ投資を始められる記事があるよ!

 

【メキシコペソスワップポイント投資】初心者でも失敗しない完全マップ この記事を順に読み進めれば、メキシコペソスワップ投資に必要な知識や、始め方が分かるようになっています! この記事は、『...