メキシコペソ

メキシコペソ円(FX)の値動きはどれくらい?【スイングトレード】

こんにちは、まー(@marchang_26)です。

先日、下記のツイートをしました。

いま考えてるのが、メキシコペソのスイングトレードです🤔

スワップポイントをコツコツ稼ぐのも良いですが、為替損益で吹き飛ぶんですよね😔

なのでLIGHT FXで淡々とスワップポイントを稼ぎつつ、セントラル短資FXでIFDかけてスイングします😌

ロングだけなので決済されない間はスワップざくざく🐰

 

この記事では『メキシコペソの値動き』について書いていきます。

想定読者は下記の通りです。

  • メキシコペソ円でスイングトレードしたい
  • 純粋にメキシコペソ円に値動きが知りたい
  • ループイフダンでメキシコペソ円を検討している

上記の通りですね。

メキシコペソで投資している(したい)人は、読むべき内容になっています。

 

 

メキシコペソ円(FX)の値動きはどれくらい?【スイングトレード用】

 

メキシコペソでスイングトレードをするなら、どれくらい値動きがあるのか知っておきましょう。

 

メキシコペソの値動き【検証方法】

 

メキシコペソの値動きを調べるには、ATR(アベレージ・トゥルーレンジ)を使います。

ATR(アベレージ・トゥルーレンジ)

TR(トゥルーレンジ)のN日移動平均。だいたいN=14を使います。この記事でもN=14です。

 

ATRは上記の通りなのですが、TRが不明ですよね。TRの意味は下記の通りです。

TR(トゥルーレンジ)

真の変動幅のことで、下記で1番大きいもの。

・ 当日高値-当日安値
・ 当日高値-前日終値
・ 前日終値-当日安値

 

たとえば、下記のような場合です。

  • 前日の値動き:始100、高200、安100、終200
  • 当日の値動き:始500、高700、安500、終700

 

当日だけの場合だと、200円(500円~700円)の値動きになります。

でも、前日の終値200円から当日の始値500円までは、+300の変動幅があるので、値動きが200円だとしてしまうと微妙ですよね。

 

トゥルーレンジは「本当の値動きがどれくらいか」はかるものです。

ATRはトゥルーレンジの平均ですので、長期的にみたときにどれくらいの値動きになるのか分かります。

 

メキシコペソ円の値動き(2016年〜)

 

実際にメキシコペソ円のチャートから、2016年〜現在までのATRを算出してみました。

オレンジ線は、ATRの平均値です。

2016年から調べた値動きの平均値は0.087円でした。

つまり2週間の間に、およそ0.087円の値動きがあるということです。

2週間の間で、5.78円から5.70円の値動きがあるといったイメージですね。

 

ただ、2016年開始あたりの値動きが大きすぎて平均が上がっている印象を受けます。

なぜ2016年開始あたりの値動きが大きいのかというと、アメリカ大統領がトランプ氏になったからです。

このときメキシコペソ円が過去最低額の4.87円を記録しています。

 

世界的な金融危機に直面しそうなのであれば、参考になるかもしれません。

でも、直近でスイングトレードをするのであれば、2016年開始の値動きは外して考えたほうが良いでしょう。

それにレバレッジ5倍までであれば、過去最低額の4.87円はロスカットに合わないラインです。

 

メキシコペソ円の値動き(2017年〜)

 

2016年はトランプ氏がアメリカ大統領就任の年だったので、2017年からのATRを調べてみました。

2017年から調べた値動きの平均値は、0.074円でした。

2016年から調べたATR比べて、こちらの方が最近の値動きを反映できていますね。

 

2週間持ち続けていれば、平均して0.074円動くということですね。

5.77円から5.70円になるイメージです。ボク自身トレードをしていて、これは間違っていない値だと感じます。

 

ただ、直近のATRは若干小さくなってきていますね。

メキシコペソは新興国通貨なのですが、びっくりするくらい安定しています。

トルコリラや南アランドだと、1日に50銭(=0.5円)動く日も珍しくないですが、メキシコペソは手堅いです。

 

手堅いがゆえに、あまりスイングトレードに向いていない部分もあります(^◇^;)

でも決済されなければ高スワップを毎日もらうだけなので、問題ないですね。

 

ループイフダンでメキシコペソに投資する場合も、ほとんど決済されないのでスワップ狙いになります。

ループイフダンで設定できる値幅が、50銭(=50pips)からです。

でもメキシコペソのATRは0.074円(=7.4pips)なので、ほとんど決済がかからないですね(^◇^;)

ループイフダンを利用する場合、スイングトレードをするのは難しいので、スワップ狙いで投資しましょう。

 

メキシコペソのスイングトレードにおすすめなFX口座

 

メキシコペソでスイングトレードをするなら、「セントラル短資FX」がおすすめです。

おすすめの理由は下記の通りです。

  1. メキシコペソのスワップポイントが1番高い
  2. メキシコペソのスプレッドが業界最安

おすすめのポイントについて、深掘りしていきます。

 

メキシコペソのスワップポイントが1番高い

 

セントラル短資FX」はメキシコペソのスワップポイントが1番高いです。

参考記事 >> メキシコペソのスワップポイントランキング【毎週更新で徹底比較】

 

2月までは2位でしたが、ついにトップになりました。

メキシコペソでスイングトレードをしていくとき、決済しない間はスワップポイントを受け取ることになります。

どうせ同じスワップポイントを受け取るのであれば、1番高いところが良いですよね。

 

セントラル短資FX」はメキシコペソに投資するなら、間違えないFX口座になっています。

 

メキシコペソのスプレッドが業界最安

 

スワップポイントが1番高いだけでなく、スプレッド(コスト)が0.4銭で業界最安です。

スイングトレードをするなら通貨を購入する機会が増えるので、絶対に手数料は少ない方がいいです。

 

セントラル短資FX」は手数料も低いので、メキシコペソのスイングトレードをするなら間違えないです。

 

補足 : スワップポイントを狙うだけなら少し注意

 

セントラル短資FX」はスワップポイントが1番高く、スプレッドも業界最安でした。

スイングトレードをするなら関係ないですが、スワップポイントのみを狙って投資するのであれば注意が必要です。

 

なぜなら「セントラル短資FX」は、未決済のポジションでも税金がかかるからです

スイングトレードなら、どちらにせよ決済するので問題ありませんでした。

でも、スワップポイントを狙って投資する場合、通貨を持ち続けるので決済しません。

しかもスワップ投資は、何年も持ち続けることを想定しています。

 

毎年税金がかかると、せっかくの複利効果が薄れてしまいます。

スワップポイント目的でコツコツ投資していくなら、「LIGHT FX」がおすすめですよ。

2月までスワップポイントが1番高かったのと、未決済ポジションで税金がかかりません。

 

あと割と大事なのが、LIGHT FX」はアプリが使いやすいです

「LIGHT FX」は長期投資の初心者に最適【デメリットも公開】 「LIGHT FX」は「投資初心者」で「新興国通貨」の「長期投資」をしたいなら、マストで持っておくべきFX口座です。 ...

20〜30代向けに作られているので、ボクと同年代であれば使いやすいはずです。

 

ニュースや経済指標も見やすくて重宝しています。

セントラル短資FX」でメキシコペソ投資しつつ、情報収拾のために「LIGHT FX」を口座開設しても良いですね。

口座開設だけならタダで出来てしまうので、使いやすいアプリでニュースを見ましょう。

 

ここまでをまとめるとメキシコペソで、

スイングトレード→「セントラル短資FX

スワップ投資→「LIGHT FX

ということになります。

 

用途に合わせて使い分けていきましょう。

それでは良い投資ライフを♪