投資

「貯金できない人」の3つの特徴と解決策【散財前に投資せよ】

困っている人
困っている人
貯金したい気持ちはあるんだけど、なんか貯金できないな…。

なんで貯金できないのか知りたいな…。

あと、貯金できない人におすすめな解決策があれば知りたいな…。

上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • 貯金したい人
  • でも貯金ができない人
  • 貯金できるようになる方法を知りたい人

上記の通りです。

 

この記事では『貯金ができない人の特徴と解決策』を書いていきます。

貯金したい気持ちはあるけど、なかなか貯金できないですよね。

この記事を読み終えれば、貯金できない原因が分かり、貯金を始められるようになります(`・ω・´)!

 

【貯金できない人】3つの特徴

 

貯金ができない人の特徴は、下記の3つあります。

  1. 収入と支出のバランスがおかしい
  2. 無駄な出費が多い
  3. ギャンブルが好き

上記のとおりで、詳しく見ていきます。

 

収入と支出のバランスがおかしい

 

貯金できない人に多いのが、収入と支出のバランスがおかしい人です。

つまり、収入の割に支出が多いパターンですね。

 

たとえば、同じ月収でも支出が違うと、貯金できる額が変わってきます。

  • 収入20万円 – 支出10万円 = 貯金できる額10万円
  • 収入20万円 – 支出15万円 = 貯金できる額5万円

上記のとおりで、収入が20万円だとしたら、15万円の支出は大きすぎます。

世の中には、収入だけで考えている人がいますが、大事なのは「収入 – 支出」です。

 

たとえば、収入が少なくても支出が小さければ、問題なしです。

  • 収入30万円 – 支出20万円 = 貯金できる額10万円
  • 収入20万円 – 支出10万円 = 貯金できる額10万円

上記のとおりで、収入に10万円の差がありますが、貯金できる額が同じです。

 

貯金できないと嘆いている人は、一度「支出」を見直してみましょう。

 

無駄な支出が多い

 

貯金できない人2つ目特徴が、「無駄な支出が多い」です。

これに関しては当たり前かもですが、1番できていない部分かなと思います。

 

例えば、よくある無駄な出費が「飲み会に参加する」です。

飲み会に参加すると、下記のような状況になります。

  • 1次会に参加して3,000円支出
  • 2次会に参加して3,000円支出
  • 帰って副業することで収入を上げられたのに機会損失
  • 次の日飲み過ぎで体調不良
  • 次の日の帰宅後は疲れて何もできない

お金が減ることはもちろんですが、時間も失っていることに注意ですね。

帰宅後の時間があれば、副業をすることで収入をあげることが可能です。

 

ボクの場合は、ブログで生活費を稼ぎ、会社の給料がほとんど貯金行きです。

本日のGoogle神からのお小遣い😌

最近お昼代を格上げして、150円から200円にしました😌

なのでギリギリGoogleがお昼代をくれているイメージ。

正直、自分のブログはPVが少なめなので、そこを頑張っていきたいですね😌

2019年終わるころには、ラクになってると良いなあ〜🌞

 

ギャンブルが好き

 

貯金できない人の特徴で、1番早急に対策するべきなのが「ギャンブル好き」です。

なぜならギャンブルは原則、胴元がトクをするように出来ているからです。

世の中には、パチンコの映像が楽しんでいたり、競馬の馬がカッコイイと、ギャンブルを趣味にしている人もいますね。

ただ、貯金をしたいなら、その趣味は変えるべきです。少しコスパが悪い趣味だと思います。

 

いまだったら、優良な動画サイトがあって、月額1,000円程度払えば見放題です。

パチンコだったら数分で消費する1,000円だけで、1日中楽しめます。

 

もし貯金をしたいのなら、ギャンブルはやめましょう。

貯金をする気がない場合はやめなくてOKですよ(`・ω・´)!

 

貯金ができない人への解決策【2つある】

 

貯金ができない人が取り組む解決策は、先に投資してしまうことです。

 

先に投資せよ

 

貯金ができない場合は、先に投資しましょう。

お金を使ったあとに残った額を投資するのではなく、投資したあとで残ったお金を使うです。

つまり、お金を使う順番を帰るということでして、カンタンに書くと下記の通りです。

お金を使う→投資する

投資する→お金を使う

 

上記のとおりです。

なぜ投資してからお金を使うのかというと、使えるお金を強制的に減らすためです。

 

貯金用の銀行口座ではなく、投資することも重要な点になります。

貯金用の銀行口座は、正直いつでもお金をおろせてしまいます。

そうなると、結局貯金ができなくなってしまいます。

 

貯金用の銀行口座ならお金を引き出さなくても大丈夫という方もいるかと思いますが、これからの日本はシンドイので投資した方が良いです。

投資するべき理由は、下記の記事に載せています。

【必見】20代でも今すぐ投資するべき7つの理由【将来が不安】 上記のような悩みを解決していきます。 この記事の想定読者 20代でなんとなく将来が不安な人 投資に興味がある...

 

ほんの一例ではありますが、多くの人が年金問題で損をします。

厚生年金の世代間格差

1940年生まれ:+3090万円
1950年生まれ:+770万円
1960年生まれ:-260万円
1970年生まれ:-1050万円
1980年生まれ:-1700万円
1990年生まれ:-2240万円
2000年生まれ:-2610万円
2010年生まれ:-2840万円

こうやって数値化すると生々しいですね。
将来について真剣に考えるべき

 

ここまでをまとめると、下記のようになります。

  • 使えるお金を強制的に減らす
  • これからの日本は厳しい

なので、自分の将来のためにも投資しましょう。

 

固定費も見直そう

 

また補足的にですが、支出を減らすために固定費を見直すことも大事です。

※続きは後日追記します!