つみたてNISA

つみたてNISAは途中引き出しOK!【秒速で始めよう】

困っている人
困っている人
つみたてNISAって、途中で引き出しできるのかな…。

できたとしても、デメリットがあれば知りたいな…。

上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • つみたてNISA初心者
  • つみたてNISAの途中引き出しを検討している人
  • つみたてNISAで途中引き出しするデメリットを知りたい人

上記の通りです。

 

この記事では『つみたてNISAの途中引き出し』について書いていきます。

つみたてNISAって、途中で解約できるのか、気になりますよね。

結論は可能でして、この記事を読み終えれば、途中解約するデメリットまで分かるようになりますよ(`・ω・´)!

 

 

つみたてNISAは引き出しOK!【秒速で始めよう】

 

見出しの通りではありますが、つみたてNISAは途中で引き出し可能です。

 

つみたてNISAは途中解約がカンタン

 

つみたてNISAで引き出しができる理由は、途中解約が可能だからです。

よく比較される「iDeCo」は、途中解約できません。60歳を迎えないと途中で引き出せないことに注意が必要です。

 

そして、ネット証券を利用していれば、途中解約もカンタンにできるのが、つみたてNISAのメリットでもあります。

店舗を持っている銀行や証券は、窓口まで行かないと解約できない場合があるので、少し注意です。

 

つみたてNISAは、20年間の非課税期間になりますが、お金が必要になったタイミングで解除すればOKです。

上記のように、つみたてNISAなら柔軟に投資スタイルを変更できます。

 

注意 : つみたて設定を「解除」するだけではダメ

 

少し注意があって、つみたてNISAの「設定を解除」するだけではダメです。

つみたてNISAの正しい換金手順としては、下記のとおり。

  • つみたて設定を解除する
  • 今まで購入したファンドを売却する

上記のとおりですね。

つみたて設定の解除だけでなく、今まで購入したファンドを売らなければいけないです。

 

たとえば、新聞紙から完全にオサラバするなら、定期購読をやめるだけではなく、今までの新聞紙を捨てなければいけないってことですね。

ただ、ここら辺もカンタンにできるのが、つみたてNISAの良いところです。

 

つみたてNISAは100円から投資可能

 

つみたてNISAは、いつでも引き出しできるだけでなく、100円から投資できるのも魅力な点です。

投資と聞くと身構えてしまいますが、つみたてNISAでは100円という非常に少額での投資が可能です。

 

つまり、つみたてNISAについて少し整理すると、下記のとおりです。

  • つみたてNISAはいつでも引き出し可能
  • つみたてNISAは100円から投資可能
  • 年間40万円、20年間の間なら儲かった分が非課税

上記のとおり。

ですので、正直始めない理由はないのかなと感じています。

 

損する可能性があるので始められません!

おそらく、おトクな制度にも関わらず始められない理由は、上記のとおりです。

でも、少し横暴かもしれませんが、これからの日本で給料だけで生きていこうとするのは無理ゲーだと思います。

 

たとえば、会社から支払われる給料は減ってきているのに、東京の家賃は上がっていたりします。

 

そんな中、会社の給料だけで生きていくのは、やはり無理ゲーな気がします。少額から投資を始めて、別の収入源を作るのが賢いですね。

実際に、ボクも上記のような理由で投資を始めています。

 

投資で失敗したくない人へ

少しチートかもしれませんが、世界三大投資家のウォーレンバフェットは、S&P500へのインデックス投資を勧めています。

ウォーレンバフェットといえば、年間20%の投資成績をおさめているので、丸パクリすれば良いかと。

S&P500を勧める理由は、伸び続けているアメリカ経済に波乗りできるからです。

 

画像のとおりで、S&P500は右肩上がりになっています。

S&P500に100円から始めるのが良いかと思いますよ(`・ω・´)!

 

つみたてNISAの引き出し【デメリットも紹介】

 

つみたてNISAは投資途中での引き出しが可能ですが、デメリットが存在します。

 

デメリット1 : 複利効果の終了

 

つみたてNISAを途中解約するデメリットの1つ目は、複利効果が終了することです。

複利効果とは、利益の文にまで年利がかかるという意味です。

若干わかりにくいので、例を出してみます。

 

年間100万円、年利10%の場合

  • 1年目 : 100万円(元本) + 10万円(年利10%) = 110万円
  • 2年目 : 110万円(元本) + 11万円(年利10%) = 121万円

上記のとおりです。

注目したいのが、2年目は120万円になるのではなく、121万円になる点です。

これが複利の効果で、投資期間が長くなれば長くなるほど有利に働きます。

 

そして、途中で解約して引き出しをしてしまうと、複利効果は終了になります。

なので、今後も投資を考えている場合には、慎重に引き出しを検討した方が良いですね。

 

デメリット2 : 年間の非課税枠は復活しない

 

つみたてNISAを途中解約するデメリットの2つ目は、年間の非課税枠が復活しないことです。

 

つみたてNISAでは、年間の非課税枠が40万円で決まっています。

たとえば、半年間つみたてNISAをやって、20万円を投資した状態で引き出しをすると、40万円の枠は復活しないで20万円のままです。

 

つみたてNISAで引き出しをおこなった後に投資をしないのであれば、大きな問題ではないですが、今後も投資するなら注意が必要です。

 

と、ここまでがつみたてNISAで途中引き出しをするデメリットでした。

そこまでデメリットではないかもしれませんが、一応知っておきましょう(`・ω・´)!

 

まだつみたてNISAを始めていない場合であれば、秒速で始めるべきだと思いますよ!

それでは良い投資ライフを♪

 

【判明】つみたてNISAでどれくらい節税になるの?【早見表付き】 つみたてNISAは、かなりの節税が見込めます。ただ、すぐに節税できるわけではないので、簡単に節税できる方法も紹介します。 ...