つみたてNISA

【つみたてNISAの積立額】いくらにすれば良い?【注意点も紹介】

この記事をオススメしたい人

  • 投資するの初めて!
  • つみたてNISAの積立額に悩む
  • つみたてNISAの投資額で分からないことがある

つみたてNISAの積立額は、非課税枠の年間40万円いっぱいに使うべきです。元本が大きいほど、リターンも大きくなります。

 

この記事では『つみたてNISAのおすすめな積立額』について書いていきます。

つみたてNISAで積立額をいくらにするかって、悩みますよね。

この記事を読み終えれば、つみたてNISAの積立額を非課税枠いっぱいに使うべき理由が分かり、安心して投資できるようになります。

 

【つみたてNISAの積立額】いくらずつ積立がおすすめなの?

 

つみたてNISAの積立額は、非課税枠の年40万円を使い切るべきです。

 

毎月なら積立額は33,333円

 

毎月積立の場合であれば、月33,333円で設定しましょう。

年間非課税枠40万円 ÷ 12ヶ月 = 33,333円

33,333円ずつ積み立てていけば、非課税枠の40万円を使いきれます。

 

金融商品の購入等で得た利益は、通常20.315%の税金がかかります。

でも、つみたてNISAで得た分は非課税になるんです。

他の投資をするよりも、まずはつみたてNISAを優先すべきですね。

 

積立金額も満額の33,333円を使い切りましょう

年利は同じ5%で、3万円と3.3万円の場合を比較してみました。

毎月3万円積立

運用収益 : 513.1万円

 

毎月3.3万円積立

運用収益 : 564.4万円

 

毎月3,000円多く積み立てるだけで、51.3万円も利益が変わってきます

元本を増やしたほうが、年利の5%がかかる量が多くなるためです。

なので基本的には、1番利益が上げられる33,333円ずつ積立することをおすすめします。

 

564万円を「働く」か「他の投資」で稼ぐと、税金で450万円まで減ってしまいます

つみたてNISAは、とても賢い投資ですね。

 

毎日なら積立額は1,619円

 

毎日積立をするなら、日1,619円にしましょう。

年間非課税枠 40万円 ÷ 247日 = 1,619円

毎日積立は証券会社の「営業日のみ」です。

なので365日で割らないよう注意が必要ですよ。

営業日のカウントは、SBI証券のHPから調べました。

 

基本的には土日祝日を除いた、平日が営業日になります。

誤って365日で割ると、13万円くらい投資できないので注意です

年間非課税枠40万円 ÷ 365日 = 1,095円

1,095円 × 247日 = 約27万円

 

紛らわしい場合は、毎月積立で問題ないですよ

 

積立額は年間40万円の非課税枠を使い果たす

 

毎月でも毎日でも、年間40万円の非課税枠をとにかく使い切りましょう。

理由は元本が大きいほど、利益を得られるからです

 

年利5%なら毎月3,000円違うだけで、将来のリターンは約50万円違います。

もっと高い年利を狙いにいくのであれば、もっとリターンに差がついてきます。

年利7%

  • 毎月3万円 → 運用利益842.8万円
  • 毎月3.3万円 → 運用利益927.1万円

年利7%の場合だと3,000円の違うだけで、84.3万円の差になります。

5%のときは50万円くらいだったので、違いは一目瞭然ですね。

 

まとめると、

元本が大きいほど利益が得られる

 

非課税枠40万円をフルで使い切るためには、

  • 毎月投資なら、33,333円
  • 毎日投資なら、1,619円

ということになります。

 

つみたてNISAの積立額を決めるときの注意点

 

つみたてNISAの積立額は、年間40万円を使い切るのが1番良いのですが、注意点が3つあります。

  1. 無理して投資しない
  2. 目標到達金額を決める
  3. 不安なら毎月100円でOK

 

無理して投資しない

 

無理して投資しないようにしましょう。

投資は将来を豊かにするためにおこなうものですが、現在の生活も大事だからです。

いまの生活を圧迫してまで投資する必要はありません。

学生で毎月3万円はツライですし、社会人でも捻出できない方がいると思います。

その場合は、1万円ずつだったり2万円ずつで金額を落としてOKです。

 

確かに理論上は満額(月33,333円)投資したほうが、リターンは高くなります。

でも投資は余力資金でおこなうものですので、余裕のあるお金ができたらにしましょう。

 

補足 : 無駄遣いが多いなら投資する

 

無駄遣いをしていてお金がたまらない場合は、先に投資にまわすべきです。

つまり手元に無駄遣いしてしまうお金を持たないってことです。

 

頻繁に飲み会に参加したり、大して着てない洋服を買ってしまうのなら、それは無駄遣いです。

投資にまわしてしまって、無駄遣いをおさえつつ、将来の生活をラクにしましょう。

 

目標到達金額を決める

 

つみたてNISAを始める際には、目標金額を決めましょう。

「将来、1,000万円は作りたいな〜」などです。

目標金額がないと、投資を頑張れません。

 

たとえば1,000万円を作るには、月31,200ずつ積立が必要です。

月に31,200円ずつ口座からなくなるのって、少しシンドイですよね。毎月10回くらい飲み会にいけるので。

なので、これなら投資を頑張れそうだと思える目標をたてましょう

「月2,3回の飲み会であとは我慢、余計なものも買わない」

これなら月3万円捻出して、1,000万円貯められる。

こんな感じで投資を無理なくするために、目標金額を立てておきましょう。

 

不安なら毎月100円でOK

 

投資するのが不安であれば、月に100円とかでOKです。

いきなり万単位で投資を始めるのって、なかなか怖いですよね。

なので、まずは少額で投資してみて、感覚をつかんできたら投資額を増やせば良いと思います。

月に100円を、年利5%で17年間投資すれば、10万円の利益になるんですよ。

だから100円投資するだけでも、バカになりません。

宝くじを買って10万円を当てるよりも、再現性があります。しかも投資した100円は減っているわけではありません。

 

【つみたてNISAの積立額】よくある質問

 

つみたてNISAの積立額に関する、よくある質問を答えます。

 

途中で積立額の金額を変更できる?

まーくん
まーくん
できます!

つみたてNISAは一度決めた金額から、減額も増額もできます。

いま1万円を毎月積み立てているのであれば、

  • 10,000円→5,000円
  • 10,000円→30,000円

両方可能です。

楽天証券であれば、金額を変更する方法を詳しく解説している記事がありますよ。

楽天証券 つみたてNISA 金額変更
【楽天証券で積立NISAの金額変更】11枚の画像で分かりやすく解説この記事では、楽天証券でつみたてNISAの設定金額を変更する方法を書いていきます。楽天証券で積立NISAを始めたけど、金額を変更したい...。でも、始めたばかりでどうやって変更すれば良いのか分からない...。投資初心者で金額変更が分からない方は、必見ですよ!...

 

途中でファンド(銘柄)の追加はできる?

まーくん
まーくん
もちろんできます!

できますが、すでに毎月33,333円をファンドAに積み立てているなら、

  • ファンドA : 22,222円
  • ファンドB : 11,111円(追加するファンド)

など、積立額の変更もあわせておこなう必要があります。

 

ファンドの積立だけやめて、あとで売ることはできる?

まーくん
まーくん
できます!

「ファンドの積立をやめる」と、「ファンドを売る」は別物です。

  • ファンドの積立をやめる→積立解除
  • ファンドを売る→解約

なので、お金に困っているから一旦積み立てるのをやめたいって場合でも、ファンドは売られることがありません。

 

1年以内に買った5万円分を売ったら、非課税枠は35万?

まーくん
まーくん
そうです!

1年以内に、5万円分のファンドを積み立てていて解約した場合、非課税枠は35万円です。

積み立てた事実は変わらないので、40万円に復活することはありません。

 

楽天証券で100円積立設定したのに80円しか引かれていない

まーくん
まーくん
ポイントから支払う設定になってます

楽天証券では、ポイントをそのまま投資にまわすことができます。

ポイント投資設定になっている可能性が高いので、確認してみましょう。

 

2019年3月から始めた場合の非課税枠は34万?

まーくん
まーくん
40万円です!

2019年の3月から始めた場合でも、年間の非課税枠は40万円です。

1月と2月の33,333円を逃しただけであって、投資はされていないので、上限の40万円に達するまで投資できます。

 

どうやって100円だけ投資するの?

まーくん
まーくん
100円投資できる口座は限られています!

100円投資できる証券口座は、楽天証券やSBI証券などのネット証券に限られます。

  店頭証券・銀行 ネット証券
いくらから? 1,000円 100円
いくらずつ? 1,000円単位 1円単位

 

なので投資が不安で100円から始めたいのであれば、ネット証券の口座が必要になります。

また月に33,333円投資するためにも、ネット証券が必要です。

どのネット証券がいいの?

楽天証券をおすすめします。

投資しているだけでポイントがつくし、投資の使い道も豊富です。

貯まったポイントは、そのまま投資に使えます。自分のお金を減らさずに投資できるなら、やってみようと思いますよね。

ノーリスクなのにリターンはもらえるという、なかなか意味不明な証券会社です(^◇^;)

詳しいレビューは、下の記事を参考にしてみてください。

【つみたてNISA】楽天証券とSBI証券を比較【結論は楽天です】 つみたてNISAの口座開設するなら、SBI証券よりも楽天証券がおすすめです。10項目で徹底的に比較していきます。 ...

それでは良い投資ライフを♪