つみたてNISA

【安心】積立NISAで確定申告や年末調整は『不要』【初心者向け】

この記事をオススメしたい人

  • つみたてNISAで確定申告が必要か知りたい
  • 確定申告しないデメリットを知らない
  • おトクに投資したい

積立NISAは確定申告不要です。ただ、損益通算と繰越控除できないというデメリットがあります。

 

この記事では『積立NISAの確定申告が不要なことや、確定申告しないデメリットについて』を書いていきます。

積立NISAで投資を始めたけど、確定申告はどうすれば良いのか分からないですよね。

この記事を読み終えれば、積立NISAで確定申告が不要な理由や、確定申告しないデメリットが分かります。

 

積立NISAで確定申告や年末調整は『不要』【初心者向け】

 

積立NISAで確定申告や年末調整は不要です。詳しく解説します。

 

つみたてNISAを利用して得た利益は非課税

 

つみたてNISAを利用して得た利益は非課税です。

通常であれば、投資で得た利益には20.315%の税金が課せられます。

でも、つみたてNISAを利用すれば、ゲットした利益をそのまま自分のモノにできます

じゃあ余力資金は全部投資するのが賢いですね!

確かにそうですが、年間の上限が決まっていて、非課税枠は40万円までです。

なので月33,333円までが、利益を非課税にできる投資額になります。

他の投資もしていて、つみたてNISAを利用していないのであれば、33,333円分はつみたてNISA口座に移すとおトクですね。

筆者もメインはFXですが、つみたてNISAで税金のかからない投資もしやっていますよ。

 

税金を支払うときに確定申告が必要

 

ではどのようなときに確定申告が必要なのかというと、「税金を支払う」か「税金を支払いすぎた」ときです。

所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

金融庁HPより

 

つみたてNISAのようにそもそも非課税である場合には、確定申告は無縁です。

そういう意味でも、つみたてNISAは便利な制度ですよね。

初心者に間違えなくオススメしたい投資法ですね。

 

つみたてNISAで税金が発生するケース

 

つみたてNISAでは得た利益が非課税です。でも「年間40万円の非課税枠の中で」という制限があります。

なので、つみたてNISAで税金が発生するケースが下記の場合です。

  • 年間40万円以上投資したい場合
  • 分配金によって40万円をオーバーした場合

 

年間40万円以上投資したい場合

 

つみたてNISA対象の商品であっても、年間40万円を超えて投資する場合には税金がかかります。

そもそも月33,333円を超えて投資しようとすると、エラーが出ます。(楽天証券)

年間40万円を超えて投資したい場合には、別で口座を作る必要があります。

 

分配金によって40万円をオーバーした場合

 

分配金があるファンドで、再投資型を選択していると、40万円をオーバーするので税金がかかります。

考えられるケースは、12月時点で投資したのちに、分配金が支払われるケースです。

楽天証券は9月くらいに分配金が配布あれば、12月分が40万円を超えるのでエラーで積立できません。

念のため下記を確認しておくと良いですね。

  • 自分の使っている証券会社・銀行で積立設定がどうなっているか?
  • 自分の投資しているファンドは分配金が配布されるか?

分配金なしのファンドであれば、年間40万円を超えることはないので、非課税のまま安心して投資できます。

 

積立NISAで確定申告不要のデメリット

 

積立NISAでは確定申告が不要なのですが、デメリットもあります。結論だけ言うと、損失が出た場合です。

 

損益通算できない

 

積立NISAでは損益通算ができないです。

通常の投資であれば、自分が投資して損したときに損益通算を使うと、総所得から控除してもらえます。

わかりにくいので、図にしてみました。

投資をして損したときに損益通算をすれば、その分税金が戻ってきます。

でも積立NISAでは、損益通算が使えません。損失を出したときには、単純に自分の手持ち金がマイナスになります。

これが積立NISAのデメリットになります。

 

繰越控除できない

 

積立NISAでは、繰越控除もできません。

通常の株式や投資信託の損失は、3年間繰り越して、各年分の投資で得た所得から控除できます。

また分かりづらいので図にしてみました。

2019年に100万円の損失を出して、2020年に50万円の利益

50万円の利益は2019年の損失があるので控除対象

→残りの50万円は3年以内であれば、まだ使える

2021年に120万円の利益

→2020年に使わなかった損失50万円分は控除

→2021年にかかる税金は70万円分

要するに、3年間で利益が出た年に支払う税金は、損した分を引いた金額でいいよってことです。

投資をしているなら是非とも利用したい制度なのですが、積立NISAでは繰越控除も使えません。

利益を非課税にする代わりに損したときは厳しいです…。

 

短期的な損失は気にしない

 

積立NISAでは、損益通算も繰越控除も使えませんが、短期的な損失は気にしなければOKというのが結論です。

基本的には世界経済は伸び続けているので、投資で得られる利益も伸び続けます。

世界経済が伸び続けていないと、今ごろスマホはないです…。

 

他にもトマ・ピケティの「21世紀の資本」という有名な本があって、そこでは「r > g」になると述べられています。

「r > g」は、投資のリターン(r)が経済成長率(g)を上回るという意味です

世界銀行や国際通貨基金(IMF)によれば、今後の世界経済は年3〜4%程度で成長していくと述べられています。

なので投資すれば原則は、5%くらいの年率を狙っていけるわけです。

もちろん途中でリーマンショック級のことが起これば、「その年は」マイナスになります

でも長期的にみればプラスになるので、短期の損失は無視するべきですね。

長期的に述べていなかったら、今ごろスマホはないです…。

 

実際に1980年代のアメリカやメキシコのGDPを見てみると、伸び続けていますね。

なお日本は壊滅的に伸びていません。

 

結論としては、短期的な損失はスルーして、長い目で投資していきましょう。

つみたてNISAが20年間非課税なのは、長期で投資するためですよ♪

 

あと長期で投資していくので、楽天証券でおトクに投資していくのがオススメです。

楽天証券なら、楽天カードでの支払いで1%のポイント還元があります。

積立NISAの非課税枠が年間40万円なので、年に4,000円ずつ貯まっていきます。

20年間フルで投資していたら80,000円分おトクですね♪

逆に楽天証券で投資していない人は、損していることになります。

今からでも楽天証券に変更することをオススメしますよ。

楽天証券でつみたてNISAを始める

 

【2019年】つみたてNISAの平均利回り【高成績の銘柄も紹介】 つみたてNISAの平均利回りを紹介します。1番利回りの高いファンドは「ひふみプラス」です。 この記事では『つみたて...