南アフリカランド

【悲報】南アフリカランドの外貨定期預金は「損」する【FXを使う】

南アフリカランド円 外貨定期預金
困っている人
困っている人
外貨定期預金が気になっていて、南アフリカランドって言う通貨を見つけたけど、金利が高いな…。

銀行のホームページには40%と書いてあるけど、本当に40%も資産が増えるのかな…。

上記のような悩みを解決していきます。

 

この記事の想定読者

  • 南アフリカランドに興味がある
  • 南アフリカランドの外貨定期預金が気になる
  • 南アフリカランドの外貨定期預金で金利40%と書いてあるのが胡散臭いと思っている

上記のとおりです。

 

この記事では『南アフリカランドの外貨定期預金』について書いていきます。

南アフリカランドの外貨定期預金って、金利が40%〜60%と書いてあって、本当にこれだけ資産を増やせるのか、気になりますよね。

 

先に結論だけ書くと、下記のツイートのとおりで、金利は表記よりも低くなります。

 

おはよううさぎ🐰

ふと南アフリカランドの外貨預金を覗いてみたのですが、やっぱり勘違いしやすい表記だなと😅

1ヶ月もので年利40%ってことは、
単純計算して1ヶ月で3.33%ですからね😅
(40% ÷ 12 = 3.33%)

銀行からしたら、書いてあるじゃんって話ですが、気をつけましょう。

それだけではなく、外貨定期預金をやると、高確率で損失が出ます。

 

この記事を読み終えれば、投資して損失を出さず、しっかりと資産を増やす方法が分かるようになりますよ!

 

南アフリカランドの外貨定期預金で「損」する理由

 

南アフリカランドの外貨定期預金は、間違えなく損します。

理由は3つあって、下記のとおりです。

  1. 表記より利率が少ない
  2. 手数料が高い
  3. トータルの損益がマイナス

順番に詳しく見ていきます。

 

理由1 : 表記年利より利率が少ない

 

南アフリカランドの外貨定期預金は、表記されている年利よりも利率が少なくなります。

 

たとえば、住信SBIネット銀行の1ヶ月ものの外貨預金利率は、年利40.0%になっています。

 

住信SBIネット銀行の外貨定期預金

外貨定期預金 南アフリカランド 金利

上の画像のとおりで、「年利は」40%になっていますね。

でも、これから投資しようとしているコースは1ヶ月ものですよね?

1ヶ月ものに投資するのに、1年間の利率で書かれても困ります。

 

年利で書かれた利率を、1ヶ月に変換すると、約3.33%と計算できます。

年利40.0% ÷ 12ヶ月 = 約3.33%

 

1ヶ月ものだと40%のお金が増えるわけではないため、10万円預けても4万円増えません。

10万円預けた場合に増えるお金は、3,333円ほどになります。

年利で表記されているものを、月利に変換しなければいけないんですね。

 

そうすると、利率が減ってしまいますよね。

銀行側は騙しているわけでもなく「書いてあるじゃん」で済まされます。

実際に書いてある年利分のお金が増えるわけではないので、注意が必要ですよ。

 

理由2 : 手数料が高い

 

外貨定期預金は、手数料が高いです。

そもそもなのですが、外貨預金の手数料が見えづらいことも良くないですね。

 

利率と同じく、住信SBIネット銀行から持ってきてみました。

 

住信SBIネット銀行の外貨定期預金【手数料】

外貨定期預金 南アフリカランド 手数料

上記のとおりで、南アフリカランドの手数料は14銭らしいです。

これって結局のところ、手数料がどれくらいなのか分かりづらいですよね?

 

この表に書いてあるのは、片道の1通貨あたりの手数料です。

それでも分かりにくいと思うので、具体的に計算してみました。

 

先に結論を言うと、10万円を南アフリカランドの外貨預金したい場合、手数料は3,590円になります。

南アフリカランド1通貨あたり : 7.8円

10万円で買える南アフリカランド : 約12,820通貨

10万円 ÷ 7.8円 = 12,820.5通貨

 

12,820通貨を購入するための手数料 : 約1,795円

12,820通貨 × 14銭 = 179,487銭 = 1,794.87円

12,820通貨を払い戻すための手数料 : 約1,795円

12,820通貨 × 14銭 = 179,487銭 = 1,794.87円

 

手数料の合計 : 3,590

上記の計算のポイントは、購入時だけでなく、払い戻しにも手数料がかかることです。

海外旅行に行くときと同じで、日本円から外貨、外貨から日本円にするときにお金がかかります。

 

具体的に計算してみないと、外貨預金の手数料は見えづらいです。

しかも、手数料をかなり取られていたことがわかるかと思います。

 

理由3 : トータルの損益がマイナス

 

ここまでの計算でわかったかと思いますが、実はトータルの利益がマイナスになっています。

 

南アフリカランドの外貨預金を10万円で予定している場合、予想できる利益と手数料は下記の通りでした。

  • 利益 : 3,333円
  • 手数料 : 3,590円

なのでトータルの損益は、-257円になります。

 

非常に悲しいお知らせなのですが、外貨定期預金すると、お金が増えるどころか減ってしまいます。

 

ただ、ここには為替損益を考慮していないので、もしかしたらプラスになる可能性があります。

プラスになるのは、南アフリカランドを7.8円で買って、8.0円に上がった場合などです。

もちろん逆に、購入時より南アフリカランドが値下がりしていれば、さらに損失を出すことになります。

 

なので、外貨定期預金は最初からハンデギャップを追った金融商品と言えるでしょう。

 

補足 : 外貨預金は大体損します

 

そもそも論なのですが、外貨預金は大体損します。

他銀でよく外貨預金のキャンペーンをやっていますが、キャンペーン時でも損する仕組みになっていますね。

 

詳しくは、下記の記事をご覧ください。

参考記事 >> 【衝撃】外貨預金は「損」するのでおすすめしない!手数料計算も紹介

 

こちらの記事も今回と同じように、詳しく計算しています。

 

【南アフリカランドの外貨定期預金】代わりにFXを使うべき理由

 

南アフリカランドの外貨定期預金をやるのであれば、代わりにFXを使った方が良いです。

理由は3つあって、下記のとおりです。

  1. FXは外貨預金より利率が高い
  2. FXは外貨預金より手数料が安い
  3. FXはレバレッジ1倍なら原則ロスカットされない

順に解説していきます。

 

【外貨定期預金よりFX】理由1 : FXは外貨預金より利率が高い

 

外貨預金よりもFXで投資した方が、利率が高くなります。

FXの場合だと、利率はレバレッジ1倍でも年利7.6%ほど見込めます。

外貨定期預金とできるだけ同じ状況を作りたいので、レバレッジをかけないで考えています。

 

FXのメリットであるレバレッジを2倍にすれば、年利は約15%になりますね。

と言いつつ、レバレッジ1倍で約7.6%を見込めるのなら十分かと思います。

 

ただ、FXの金利は変動する可能性があります。

なぜなら、FXの金利に当たるスワップポイントは、変動する可能性があるからです。

なので、FXで南アフリカランドを所持する場合、確実に年利7.6%になるとは言えません。

 

スワップポイントは上がる可能性もあれば、下がる可能性もあります。

基本的にスワップポイントは、南アフリカの政策金利と紐づいています。

参考記事 >> 【南アフリカランドの金利(政策金利)】過去傾向から今後の予想までを徹底解説!

 

つまり、FXで投資する場合には、南アフリカの政策金利を注意して見ておく必要がありますね。

 

【外貨定期預金よりFX】理由2 : FXは外貨預金より手数料が安い

 

外貨定期預金よりもFXの方が、手数料が安いです。

外貨預金の手数料が、FXだとスプレッドでしてLIGHT FXで南アフリカランドに投資する場合、1.8銭になります。

 

外貨預金だと、往復で手数料が28銭かかっていましたが、FXの場合だと1.8銭です。約15倍の差があります。

 

そして上記で紹介した手数料は「1通貨あたり」なので、10万円分買うとなると、相当な差がついてくることになりますよ。

10万円分南アフリカランドに投資する場合

  • 外貨預金 : 3,590円
  • FX : 239円

上記のとおりです。

外貨定期預金だけで手数料を見てみると、高いかどうか分かりませんでしたが、FXと比べてみると一目瞭然ですね。

 

【外貨定期預金よりFX】理由3 : FXはレバレッジ1倍なら原則ロスカットされない

 

FXをやるとなると、やはり怖いのは「ロスカット」ですよね。

でも、レバレッジ1倍であれば、原則ロスカットされないんです。

 

レバレッジ1倍でロスカットされるのは、下記の場合になります。

  • 自分で損切りする
  • 南アフリカランドが0円になる

上記のとおりですね。

 

レバレッジ1倍であれば、自分から損切りしない限りロスカットされることはありません。

南アフリカランドが0円になったらロスカットになりますが、考えづらいですね。

 

まとめると、レバレッジ1倍でFXを使えば、強制ロスカットの可能性はかなり低いです。

 

為替損益の影響で、決済する時期によってはマイナスになる場合があります。

たとえば、7.8円で南アフリカランドを買って、7.6円で売った場合などです。

 

ただ、7.8円で買って7.6円で売ることで損するのは、外貨預金も全く同じですよね。

高いところで買って、安いところで売ってしまえば、同じ南アフリカランドなので、外貨預金でも損をします。

 

一概に「FX = 危険」とも言えないですね。

 

南アフリカランドの外貨定期預金【まとめ】

 

ここまでをまとめると、南アフリカランドの外貨定期預金より、FXを使ってレバレッジ1倍で投資した方が良いと分かりました。

世の中のイメージ的に「FX = 危険」になっていますが、それはレバレッジかけすぎ問題です。

ちゃんと計算してみると分かりますが、外貨預金の方が損する可能性が高く危険でした。

 

外貨定期預金は、基本的に情報弱者向けの金融商品なので気をつけましょう。

外貨定期預金を使うくらいなら、FXのレバレッジ1倍で賢く投資していきたいですね。

参考記事 >> 【借金なし】FXレバレッジ1倍の投資が優秀な理由【外貨預金不要】

 

外貨預金とFXの違いが知りたい場合には、下記の記事が参考になりますよ。

参考記事 >> 【外貨預金とFXの違いは9つ】投資で損しないように徹底解説

 

外貨「預金」だからと安心してはダメで、ご利用の際は良く検討してみてくださいね。

 

おすすめ記事 >> 【衝撃】南アフリカランドは口座選びを間違えると57,000円の損